マイナポイントとキャッシュレス決済のポイントの違いや紐づけできる数はいくつ?

マイナポイントとキャッシュレス決済

2020年6月まではキャッシュレス決済の利用で2〜5%分を還元してくれる消費税ポイント還元事業がお得でしたが2020年9月頃からはマイナポイント事業が開始します。

マイナポイント事業はマイナポイント事業にマイナンバーカードの紐付け申請をすることにより、キャッシュレス決済による支払いで最大25%の還元を受けることができる制度です。

還元上限は5000円なので、20,000円のお買い物を実質15,000円で済ませることができるのがこの制度のメリットです。

消費税ポイント還元事業はキャッシュレス決済を利用するだけで還元対象になっていたので簡単に始めることができましたが、マイナポイント事業はいくつかの注意点があります。

  • マイナンバーカードの作成が必要
  • マイナポイント事業への申請が必要
  • 利用するキャッシュレス決済との紐付けが必要

申し込み作業が発生する時点で面倒に感じてしまう部分はありますが、25%還元はとても魅力的なので参加しない選択肢はありません。

そこでマイナポイント事業でお得にお買い物するために必要な注意点をおさらいしつつ、還元されるマイナポイントとはどんなものなのか、紐付けするキャッシュレス決済の数について確認していきます。



マイナポイント事業に参加するためにマイナンバーカードを発行する

エントリー

マイナポイント事業への参加するにはマイナンバー通知カードではなく、マイナンバーカードの発行が必要となります。

マイナンバー制度はまだ浸透しているとはいい難い状況なので通知カードで止まっている方もかなりいるはずです。

マイナンバーカードの発行は市役所など市町村の窓口で行うことができますが、発行には事前申請が必要となります。

申込用紙は通知カードと一緒に送られてきているはずですが、失くされている場合は市町村窓口に相談してみましょう。

なお、マイナンバーカードの申請から発行までの期間はおよそ1ヶ月となっているので申し込みはお早めに!

icon-caret-square-o-right マイナンバーカードの発行方法についてはこちらを参照ください。

マイナンバーカード交付申請 – マイナンバーカード総合サイト

マイナポイント事業への参加方法

マイナポイント事業概要<マイナポイント事業概要>

マイナポイント事業は消費税ポイント還元事業のように、キャッシュレス決済を利用するだけでポイント還元されるわけではありません。

マイナンバーカードを発行し、マイナポイント事業に申し込みをおこなってはじめてポイント還元の対象となるため、忘れずに申し込みを済ませておきましょう。

マイナポイント事業への参加手順
  • STEP1
    マイナンバーカードを発行する
  • STEP2
    マイナポイントを予約する
  • STEP3
    マイナポイントを申し込む  ※申込期間:2020年7月~2021年3月末まで
  • STEP4
    マイナポイントを取得する  ※取得期間:2020年9月~2021年3月末まで
  • STEP5
    マイナポイントを利用する  ※利用可能期間は未定

マイナポイントの申し込みは2020年7月から開始予定となっているので、申込期間前の場合はマイナポイントの予約を行います。

マイナポイントの取得タイミングは紐付けを行うキャッシュレス決済によって変わっており、チャージ式の場合はチャージのタイミング、クレジットカード決済になる場合は決済のタイミングでの付与となります。

付与されたマイナポイントの有効期限については現時点では不明となっています。

icon-caret-square-o-right マイナポイントの予約方法についてはこちらを参照ください。

マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「マイナポイントの予約・申込方法」のページです。マイナポイントの予約(マイキ-IDの登録)をするにあたって必要な情報をご案内します。

マイナポイントはキャッシュレス決済で還元されるポイントとどう違うのか?

疑問を感じている女性

消費税ポイント還元事業で還元されるポイントは利用したクレジットカードのポイントとして還元されたり、スマホ決済のポイントとして還元されていましたが、マイナポイント事業ではマイナポイントとして還元されることになります。

こうやって聞くとマイナポイントはTポイントなどの共通ポイントのように思えますが実際は少し違っています。


マイナポイントは用途限定ポイントと似ている

  • マイナポイントは紐付けしたキャッシュレス決済内で還元される
  • 他のキャッシュレス決済にポイントを移すことはできない
  • 選択したキャッシュレス決済が利用できるお店で使用することが可能

つまり、用途が限定されたポイントと考えることができます。

Tポイントは1ポイント1円で利用できますし、Tポイント投資など幅広い用途に利用することができますが、マイナポイントは紐付けしたキャッシュレス決済が利用できるお店でしか利用することができません。

PayPayを例に挙げると、マイナポイントはPayPayボーナスのような形で付与されると考えてよいでしょう。

ただし、有効期限は設定されると考えられますが、現時点では詳細な情報は発表されていません。



紐付けすることができるキャッシュレス決済はいくつまでなのか?

結ばれた紐

マイナポイント事業ではキャッシュレス決済との紐付けが必要となりますが、何種類のキャッシュレス決済と紐付けすることができるのかは気になりますよね。

しかし、残念ながらマイナポイント事業と紐付けすることができるキャッシュレス決済は1つだけとなっています。

いくつかのキャッシュレス決済に紐付けすることができれば用途も分散させることが可能でしたが、1つしか紐付けさせることができないのであればじっくりと考えて決める必要があります。

こうなると普段から利用頻度の高いキャッシュレス決済に紐づけてしまうのが1番困らない結果になりそうですね。

icon-caret-square-o-right 紐付けすることができるキャッシュレス決済はこちらを参照ください。

マイナポイント事業に申請しよう!

今回はマイナポイント事業の概要と、付与されるマイナポイントがどんなものなのか、いくつのキャッシュレス決済と紐付けすることができるのかを確認しました。

マイナポイントは紐付けしたキャッシュレス決済にて付与され、紐付けしたキャッシュレス決済が利用できるお店でのみ利用することができます。

つまり、マイナーなキャッシュレス決済と紐付けしまうとせっかくの25%還元を有効活用できなくなってしまう可能性があります。

紐付けすることができるキャッシュレス決済もたった1つだけなのでしっかりと考えてから紐付けしなければ公開することになります。

マイナポイント事業への申し込みはマイナンバーカードが必須ですが、申し込みから発行までは1ヶ月程度は必要となります。

マイナポイント事業に乗り遅れないように、余裕をもってマイナンバーカードの発行をするようにしましょう。

icon-caret-square-o-right マイナポイント事業と紐付けするおすすめのスマホ決済・電子マネーはどれ?

マイナポイント事業と紐付けするおすすめのスマホ決済・電子マネーはどれ?
マイナポイント事業はキャッシュレス決済と紐付けすることで25%還元、最大5000円分のマイナポイントがもらえるとてもお得な事業です。ただし、紐付けすることができるキャッシュレス決済は1つだけなので慎重に、じっくりと選ぶ必要があります。マイナーなキャッシュレス決済を選んでしまうと使い勝手が悪いうえに利用できる店舗が少なくなるという悪循環の原因になってしまいます。だったら利用できる店舗が急速に増えているスマホ決済の中でマイナポイントとの紐付けにおすすめなものはないか気になりますよね?そこで、マイナポイント事業との紐付けにおすすめなスマホ決済を考えてみましょう。
icon-caret-square-o-right マイナポイントと紐づけすると追加還元がもらえるおすすめのキャッシュレス決済一覧

【追加還元で比較】マイナポイントと紐づけするおすすめのキャッシュレス決済一覧
マイナポイント事業は、マイナンバーカードをキャッシュレス決済と紐付けすることで最大5000円分の還元を受けることができます。ただし、この5000円は政府による還元のみで、これとは別にキャッシュレス決済独自での還元キャンペーンを始めることでユーザー獲得を狙う動きが出てきました。そこで今回はマイナポイントと紐づけすると追加還元がもらえるおすすめのキャッシュレス決済一覧をご紹介します。


コメント