マイナポイント事業と紐付けするおすすめのスマホ決済・電子マネーはどれ?

マイナポイント紐付けするおすすめのスマホ決済は?

マイナポイント事業はキャッシュレス決済と紐付けすることで25%還元、最大5000円分のマイナポイントがもらえるとてもお得な事業です。

ただし、紐付けすることができるキャッシュレス決済は1つだけなので慎重に、じっくりと選ぶ必要があります。

マイナーなキャッシュレス決済を選んでしまうと使い勝手が悪いうえに利用できる店舗が少なくなるという悪循環の原因になってしまいます。

だったら利用できる店舗が急速に増えているスマホ決済の中でマイナポイントとの紐付けにおすすめなものはないか気になりますよね?

そこで、マイナポイント事業との紐付けにおすすめなスマホ決済を考えてみましょう。



マイナポイントは2万円のお買い物で最大活用できる

いろいろなキャッシュレス決済
マイナポイント事業はマイナンバーカードと紐付けしたキャッシュレス決済を25%還元で利用することができるとてもお得な事業ですが還元上限は5,000円までとなっています。

つまり、

  • お買い物/チャージ金額20,000円 × 還元率25% = マイナポイント上限5,000円

ということ。

上限の5,000円以上のお買い物についてはキャッシュレス決済の還元しか適用されないため、うっかり25%還元と勘違いしてお買い物しないように注意しましょう。

マイナポイントと紐付けするおすすめのスマホ決済はどれ?

スマホにクレジットカードを登録

マイナポイント事業で紐付けすることができる決済手段はキャッシュレス決済です。

キャッシュレス決済が対象となるので、当然クレジットカードも対象のはずですが2020年4月時点ではクレジットカードは登録されていません。

登録済みのキャッシュレス決済サービスはこちらで確認することができます。

現時点で確認できるキャッシュレス決済はQRコードの読み取りにより決済するスマホ決済とWAONやSuicaのような電子マネーのみとなっています。

この中でもスマホ決済に絞って、

  • スマホ決済自体の還元率
  • 利用可能な店舗の数

この2つのポイントに絞ってどのスマホ決済がおすすめなのかを検討してみます。

スマホ決済の還元率では安定のau Payがおすすめ

通常
還元率
キャンペーン
還元率
クレジットカード
重ね取り
クレカ還元等込み
最大還元率
達成
難易度
au Pay0.5%1.5%
PayPay0.5%1.5%YJカードのクレカ還元対象外1.5%×
LINE Pay0.5%3.0%チャージ&ペイに含まれる3.0%
楽天ペイ0.0%1.0%1.0%
d払い0.5%7.0%dポイントスーパー還元プログラムに含む7.0%×

主要スマホ決済の還元率はざっとこのような感じになります。

d払いの還元率7%が飛びぬけて還元率が高いように見えますが、これはドコモユーザーかつ還元条件を満たすドコモ系サービスを利用している場合のみ7%還元を達成することができます。

dカード以外のクレジットカードを紐づけた場合の還元率はゼロになってしまいますので、ドコモユーザー以外はチャージして使うしか方法がありません。

この場合の還元率は0.5%ですので、d払いの実質的な還元率は0.5%と思ってよいでしょう。

一方、au Payは生活応援企画のキャンペーン開始により、すべてのau Payユーザーが還元率1%で利用可能になりました。

auユーザーであればかんたん決済でスマホ料金とまとめてクレジットカードで決済することができるため、簡単に2%還元を達成することができます。

PayPayやLINE Payの還元率条件がかなり厳しいことを考慮すると、最低でも1%還元が約束されるau Payが1番おすすめのスマホ決済といえそうです。

au Payの生活応援キャンペーンはローソン限定に変更されましたので現在では通常還元の0.5%還元のみ。

それでもau PAYカードやauかんたん決済で利用すると1.5%還元なので他のスマホ決済に比べると高い還元率で利用しやすいでしょう。

楽天ペイは通常還元はゼロですが、2020年7月からは楽天ポイントの利用でも1%還元になるので楽天市場のお買い物マラソンと組み合わせて利用すると期間限定ポイントの消費に最適です。

au WALLET-au PAYも使えるスマホ決済アプリ
au WALLET-au PAYも使えるスマホ決済アプリ
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
icon-caret-square-o-right au Payの生活応援企画で還元率がどこでも1%に!他のスマホ決済と比べてどれくらい使いやすいメリットがあるのか?

au Payの生活応援企画で還元率がどこでも1%に!他のスマホ決済と比べてどれくらい使いやすいメリットがあるのか?
スマホ決済がぞくぞくと還元率の改悪を進める中、au Payがうれしいキャンペーン「生活応援企画」を打ち出してくれました。「au Payが使えるお店は常に1%還元」「ローソンは4%還元」「三太郎の日は10%還元」などとにかくお得。au Payはクレジットカードを紐づけして利用することができるので実質的にはクレジットカード分の還元率が上乗せになります。今回はau Payの生活応援企画で他のスマホ決済と比べてどれくらいお得なのかを検証してみます。
icon-caret-square-o-right LINE PayのLINEポイントクラブへの変更点を確認!マイカラー廃止とマイランク制度とチャージ&ペイ開始で利用者へのメリット・デメリットはどうなる?

LINE PayのLINEポイントクラブへの変更点を確認!マイカラー廃止とマイランク制度とチャージ&ペイ開始で利用者へのメリット・デメリットはどうなる?
2020年5月1日より、LINE Payのマイカラープログラムが廃止され、新たにLINEポイントクラブがはじまります。マイカラーの導入によりLINE Payの還元率は以前よりも下がってしまいましたがLINEポイントクラブはいったいどんな仕様になっているのか気になりますね。今回、新たに発表されたのは、「LINEポイントクラブの開始」「マイランク制度の導入」「チャージ&ペイの開始」となります。LINEポイントクラブの開始でLINE Payは使いやすくなったのか、私たち利用者へのメリットは何があるのかをチェックしていきましょう。


利用可能店舗数ではPayPayがどこでも使えて便利

スマホ決済が利用できる店舗はすごいスピードで増えていますが、やはり導入している店舗の数であればPayPayの右に出る企業はありません。

導入が簡単ということもあり、街中の小さなお店でも対応しているのがPayPayの特徴ですね。

コンビニなどの店舗ではほとんどのスマホ決済を利用することができますが、個人経営の街のケーキ屋さん、美容室などですべてのスマホ決済に対応することは難しい面があります。

その点、PayPayは導入費用がかからないので店舗側としてもメリットがあります。

どこでも使いやすいメリットを取るのであればPayPayを選んでおいて間違いないでしょう。

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

スマホ決済の利用店舗数についてはこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

電子マネーはWAONかnanacoがおすすめ

nanacoが使えるお店

< nanacoが使えるお店 >
電子マネーのおすすめといっていますが、そもそも電子マネーはほとんどマイナポイント事業に申し込まれていないため、

  • WAON
  • nanaco

くらいしか選択肢がないというのが現状です。

WAONについては特に説明もいらないとは思いますが、マイナポイント事業に紐付けすることでWAONを利用できるイオン系列のお店が25%還元になります。

普段どれくらいWAONを利用しているかを思い出してみてください。

マイナポイント事業の期間は2020年9月から2021年3月末までとなっており、付与されたマイナポイントの利用期限は未定ですが2021年3月をメドに使いきれるくらいの利用頻度があるかどうかでWAONを検討しましょう。

一方、nanacoはセブンイレブンで使うことができる電子マネーですが、

  • マクドナルド
  • CoCo壱番屋
  • 吉野家
  • 餃子の王将
  • ビックカメラ
  • サンドラッグ
  • スギ薬局

などでも使うことができます。

WAONに比べると利用できる店舗のバリエーションが多いのでマイナポイント事業をnanacoに紐付けするのもいいですね。

もちろん、セブンイレブンの利用もnanacoの還元込みで25.5%還元となります。

セブンイレブンでしか買えない蒙古タンメンが25%OFFになると考えれば魅力的ですね。

nanacoが使えるお店はこちらでも確認できるので参照ください。

使えるお店|電子マネー nanaco 【公式サイト】
nanacoが使える店舗をご紹介します。全国のセブン&アイグループ各店をはじめ、nanacoマークのあるお店でご利用いただけます。

マイナポイント事業はどのキャッシュレス決済と紐付けしますか?

今回はマイナポイント事業に紐付けするキャッシュレス決済はどれがおすすめなのかを検討してみました。

普段のお買い物からいろいろな店舗でお得に利用していきたいのであればスマホ決済がおすすめです。

電子マネーはWAONやnanacoくらいしか選択肢がありませんし利用できる店舗が絞られるデメリットはありますが、たとえば餃子の王将のようなスマホ決済は対応していないのにWAONやnanacoが使える店舗もあるので一極集中でマイナポイントに紐付けするのもアリです。

どのキャッシュレス決済と紐付けするかの大まかな目安は、

  • 還元率にこだわるならau Pay
  • 利用できる店舗数にこだわるならPayPay
  • 用途を絞ってお得に利用するならWAONやnanaco

このように考えるとわかりやすいですね。

マイナポイント事業に申し込むにはマイナンバーカードは必須です。

マイナンバーカードの発行にはだいたい1ヶ月程度かかるので興味がある方は早めにマイナンバーカードを発行しておきましょう。

マイナポイントと紐付けするとマイナポイント+追加還元がもらえるキャッシュレス決済についてまとめていますので参照ください。

 

icon-caret-square-o-right マイナポイントと紐づけすると追加還元がもらえるおすすめのキャッシュレス決済一覧

【追加還元で比較】マイナポイントと紐づけするおすすめのキャッシュレス決済一覧
マイナポイント事業は、マイナンバーカードをキャッシュレス決済と紐付けすることで最大5000円分の還元を受けることができます。ただし、この5000円は政府による還元のみで、これとは別にキャッシュレス決済独自での還元キャンペーンを始めることでユーザー獲得を狙う動きが出てきました。そこで今回はマイナポイントと紐づけすると追加還元がもらえるおすすめのキャッシュレス決済一覧をご紹介します。
icon-caret-square-o-right マイナポイントとキャッシュレス決済のポイントの違いや紐づけできる数はいくつ?

マイナポイントとキャッシュレス決済のポイントの違いや紐づけできる数はいくつ?
マイナポイント事業はマイナポイント事業にマイナンバーカードの紐付け申請をすることにより、キャッシュレス決済による支払いで最大25%の還元を受けることができる制度です。「マイナンバーカードの作成が必要」「マイナポイント事業への申請が必要」「利用するキャッシュレス決済との紐付けが必要」など、申し込み作業が発生する時点で面倒に感じてしまう部分はありますが、25%還元はとても魅力的なので参加しない選択肢はありません。そこでマイナポイント事業で還元されるマイナポイントとはどんなものなのか、紐付けできるキャッシュレス決済の数について確認していきます。


コメント

  1. アバター白川朋行 より:

    スマートフォンは持っていないので、区役所パソコンでマイナポイントの申し込みはしました。IDも取得しました。
    ナナコカードをマイナポイントに紐付けるのを、店頭のコピー機かセブン銀行機で出来るでしょうか。

    • アバターkai-rec-evolving-me より:

      マイキーIDを取得されてマイナポイントの予約はされたけれど申込まではされていないということであっているでしょうか?

      nanacoカードとの紐づけはマイナポイントの申込み時に記入する決済サービスIDの入力で完了します。
      決済サービスIDはnanacoカード裏面に記載されているnanaco番号になります。

      こちらのリンクの④キャッシュレス決済サービスを1つだけ選択((マイナポイントの申込み)が完了されていない場合は店頭のコピー機もしくはセブン銀行ATMからも申込みが可能です。
      こちらのリンクを参照されてください。

      https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/

      https://www.nanaco-net.jp/material/pdf/information/mynumbercardpoint.pdf

      すでにnanacoカードで申込みが完了されている場合は決済サービスIDとしてnanaco番号を入力されているはずなので紐づけは完了しています。
      マイナポイント事業が開始する9月以降に利用されますとマイナポイントが還元されます。

      追加でご不明点がありましたらご質問ください。