【知得】イオンゴールドカードで国際線・国内線の空港ラウンジを利用してフライト待ちをまったり過ごす方法

イオンゴールドカードで空港ラウンジを利用する方法

国際線のフライトは国内線に比べるとチェックインや出国などに時間がかかるため、だいたい2時間前には空港に到着しておきたいですよね。

でも、実際のところは手続きにかかる時間は思ったほどではなく、1時間以上の待ち時間が発生してしまったりします。

空港のロビーは人ごみで賑わっているので、ゆっくり過ごしたい方からすればあまりいい環境とはいえません。

実はイオンゴールドカードなら有料の国際線空港ラウンジを無料で利用することができます。

有料のラウンジなのでしっかりと寛げる空間になっていますのでオススメです。

今回はイオンゴールドカードで国際線の空港ラウンジを利用する方法と実際に福岡空港を利用してみた感想についてまとめます。

イオンゴールドカードで国際線の空港ラウンジを利用する方法

空港ラウンジ
イオンゴールドカードで国際線の空港ラウンジを利用する方法はずばり、イオンゴールドカードを持っていることだけです。

ラウンジ入口でイオンゴールドカードを提示するだけで無料で利用することができます。

私も今回初めて利用したので少しドキドキしながら利用しましたが、氏名などの記入も必要なく、カードの提示だけで利用することができました。

国際線の空港ラウンジでできること

なにができるのかな?と思ってワクワクしていましたが、

  • フリードリンク
  • お茶菓子
  • ふかふかのイス
  • フリーのコンセント
  • 自前のパソコンを利用できる机

これらのサービスを利用することができました。

フリードリンクはイオンモールのラウンジをイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。

自動販売機よりは品揃えは少ないですが、カラオケ屋さんくらいのクオリティはあります。

コンセントもありましたので、充電することもできます。

誰でも使えるようにパソコンが常設されているわけではありませんでしたが、パソコンを使うことのできる机はありましたので、空き時間を有効活用することもできます。

なにより、ラウンジの中は静かですし、イスは新幹線のグリーン車のようにフカフカで、非常にリラックスして過ごすことができました。

空き時間をストレスなく過ごすことができたのでとても満足できました。



イオンゴールドカードで利用できる空港ラウンジ

羽田空港(国内線)第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE CENTRAL
エアポートラウンジ(南)
成田空港第2旅客ターミナルIASS Executive Lounge 2
新千歳空港(国内線)国内線旅客ターミナルビルスーパーラウンジ
伊丹空港(大阪国際空港)国内線旅客ターミナルビルラウンジオーサカ
福岡空港国内線旅客ターミナルくつろぎのラウンジTIME
国際線旅客ターミナルラウンジTIME-インターナショナル
※出国審査後
那覇空港国内線旅客ターミナルラウンジ華〜hana〜

すべての空港ラウンジが無料で使えるわけではありませんが、羽田・成田空港では使えるので利用する機会もありそうです。

ただ、関西圏の主要空港である関西国際空港は対象になっていないのが残念ですね。

行きも帰りもラウンジサービスがないかと言われると、片道では利用できることも多いと思いますので、ちょっとした空き時間をリラックスして過ごすのに活用できます。

イオンゴールドカードを作るにはとにかく使うこと

イオンゴールドカードはインビテーション制、つまりイオンからの招待がなければ作ることができません。

イオンゴールドカードの発行条件はいろいろありますが、まずはイオンカードを発行してイオン銀行を開設して、とにかく利用していくことが大事です。

イオンゴールドカードの発行条件に年間100万円以上のクレジットカード決済という項目があるので、公共料金の支払いや大きな買い物などの支払いなどをすべてイオンカードに集約することで達成できる可能性があります。

細かい条件については別記事にてまとめますのでそちらを参照ください。

icon-caret-square-o-right イオンカードを持っていても新規発行で対象に!イオンに限らずETCやApple Payまで使えて合計10万円まで最大20%キャッシュバックキャンペーン

イオンカードを持っていても新規発行で対象に!イオンに限らずETCやApple Payまで使えて合計10万円まで最大20%キャッシュバックキャンペーン
イオンカードが破格のキャンペーンを開始しました。キャッシュバックの上限は10万円まででキャッシュバックの還元率は最大20%となります。対象となるユーザーは、新規入会者限定。対象カードで利用期間中にイオンカードでお買い物をすることで10%還元引落口座をイオン銀行とすることで10%還元となっており、新規入会者を対象に最大20%のキャッシュバックキャンペーンとなります。なんといっても20%キャッシュバックなので、合計50万円までのお買い物が20%還元の対象となります。これは破格過ぎるキャンペーンなのでイオンカードを作ろうか迷っている方はこのタイミングしかありません。今回は新規入会者限定・最大20%キャッシュバックキャンペーンの詳細についてチェックしてみます。

イオンゴールドカードで空港ラウンジを利用した感想

飛行機での移動はフライトまでかなり余裕を持って移動するので、どうしても空港での待ち時間が長くなりやすいのがデメリットです。

そんな時にイオンゴールドカードがあれば主要な空港で有料ラウンジを無料で利用することができます。

空き時間を慌ただしい空港のロビーで過ごすよりもリラックスして過ごすことができますし、隙間時間を利用して仕事をすることもできます。

私も実際に利用してみて、コーヒーを飲みながらリラックスして過ごすことができたのでよかったです。

なによりも有料サービスを無料で受けることができるので満足感があります。

イオンゴールドカードを持っていてよかったな、と思いましたよ!

 icon-caret-square-o-right イオンカードセレクト
icon-caret-square-o-right イオンカードを持っていても新規発行で対象に!イオンに限らずETCやApple Payまで使えて合計10万円まで最大20%キャッシュバックキャンペーン

イオンカードを持っていても新規発行で対象に!イオンに限らずETCやApple Payまで使えて合計10万円まで最大20%キャッシュバックキャンペーン
イオンカードが破格のキャンペーンを開始しました。キャッシュバックの上限は10万円まででキャッシュバックの還元率は最大20%となります。対象となるユーザーは、新規入会者限定。対象カードで利用期間中にイオンカードでお買い物をすることで10%還元引落口座をイオン銀行とすることで10%還元となっており、新規入会者を対象に最大20%のキャッシュバックキャンペーンとなります。なんといっても20%キャッシュバックなので、合計50万円までのお買い物が20%還元の対象となります。これは破格過ぎるキャンペーンなのでイオンカードを作ろうか迷っている方はこのタイミングしかありません。今回は新規入会者限定・最大20%キャッシュバックキャンペーンの詳細についてチェックしてみます。
icon-caret-square-o-right PayPayなどのスマホ決済とWAONのどっちを使うべき?イオングループやミニストップでお得な支払い方法

PayPayなどのスマホ決済とWAONのどっちを使うべき?イオングループやミニストップでお得な支払い方法
関東のイオンではPayPayの試験運用も始まり、イオングループ全店でPayPayが使えるようになる日も近いでしょう。PayPayが導入されれば LINE PayやOrigami Payなどのスマホ決済も順次導入される可能性が高まります。そうなるとPayPayなどのスマホ決済で支払うのとWAONで支払うのはどっちがお得なのか気になりますよね?今回はイオングループやミニストップでのスマホ決済とWAON支払いの還元率を比較してみます。

コメント