dポイントはd払いで使わずにローソンのお試し引換券への交換やポイント支払いがおすすめ

d払い - サービス拡張

d払いは10%還元キャンペーンを不定期開催してスマホ決済の中では還元サービスに力を入れています。

でも、d払いに還元されたdポイントを利用すると還元率が下がってしまうデメリットがあります。

ポイント利用分に関してはポイント還元が適用されない仕様なのでしかたがないですが、せっかく貯まったdポイントの使い勝手がいまいちなのは残念ですよね。

しかし、dポイントにもムダなく有効活用するおすすめの使い方はあります。

おすすめな使い方は、

  • dポイントとして使用する
  • ローソンのお試し引換券に交換する

この2つの方法。

今回はdポイントをムダなく使うおすすめの方法を紹介します。

dポイントはd払いが使えないお店でポイント支払いするのがおすすめ

d払いでdポイントをためる

消費税ポイント還元のキャンペーンなどでd払いで支払うことで10%還元を受けることができます。

還元はdポイントでされますが、d払いの支払いにdポイントを利用すると還元率が下がってしまいます。

 

d払いにdポイントを使うと還元率が下がる理由d払いの還元はdポイント適用後の支払い金額に対して適用されます。

ex)1000円の支払いにdポイントを200ポイント適用
→dポイント適用後の800円に対して還元が適用される。
=200円分は還元なし

支払い代金からポイント適用分を差し引いた残金に対して還元が適用されるため、d払いでdポイントを使うと確実に損します。


dポイントが使えるお店

 icon-caret-square-o-right dポイントが使えるお店

dポイントは多くのお店で利用することができるので、おすすめの使い方はd払いが導入されていないお店の支払いに利用すること。

シンプルですが、使い方としては1番ムダがないのでおすすめです。

icon-caret-square-o-right 【まとめ】d払いのポイント還元率やキャンペーンをわかりやすく解説

【まとめ】d払いのポイント還元率やキャンペーンをわかりやすく解説
NTTドコモが提供するスマホを用いたキャッシュレス決済サービス「d払い」。d払いの特徴としてあげられるのは、日本最大のポイントプログラム「dポイント」との連携です。d払いを使うことで、dポイントが貯まる、使えるなどメリットが盛りだくさんです。今回はドコモが提供するキャッシュレス決済サービス「d払い」の還元率やキャンペーンを解説していきます。

ドコモユーザーはdポイントをスマホ代金にあてるのは損している

ノートに書かれたポイント
dポイントはドコモユーザーでなくても貯めることができますが、ユーザー数の中ではドコモユーザーの方が多いですよね。

ドコモユーザーなら貯まったdポイントはスマホ代金の支払いにあてることもできます。

貯まったdポイントでスマホ代金をペイできるのであれば嬉しいですが、デメリットもあります。

理論はd払いと同じで、スマホ代金にdポイントを充填した場合、dポイントを差し引いた金額に対してdポイントの還元が行われます。

dカードGOLDはドコモの利用代金の10%を還元してくれるドコモユーザーに嬉しすぎるおすすめなゴールドカードですが、dポイントを支払に充填してしまうと10%還元の対象が減ってしまうので還元額も減ってしまいます。

dカードGOLDでなくてもdポイントの還元はスマホ代金に対して行われるので、dポイントはスマホ代金にはあてない方がお得になります。

よく覚えておきましょう!

icon-caret-square-o-right ドコモユーザー以外の方でも支払いに使えるd払いのメリット・デメリットを詳しく解説

ドコモユーザー以外の方でも支払いに使えるd払いのメリット・デメリットを詳しく解説
キャッシュレス決済サービスの新規参入がぞくぞくと進む中でも着実にシェアを伸ばしている印象の「d払い」。3大キャリアのひとつであるドコモのdポイントとの連携も含め、ユーザー獲得において他社よりもアドバンテージを持っていますよね。アプリのダウンロードは500万を超えており、今後さらなる進化が期待されます。今回はそんなd払いのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。


dポイントをローソンのお試し引換券に交換すれば実質3倍以上の価値になる

ローソンのお試し引換券

ローソンのお試し引換券といえばPONTAポイントで引き換えのイメージが強いかと思いますが、実はdポイントでも引き換えができます。

ローソンのお試し引換券は20〜30ポイントで100円以上のお菓子やドリンクに交換することができるのでポイントの価値が3倍近くになるので超お得なんです。

もちろん、なんでもいいから交換できればOKなんてことはないはずなので、欲しい商品に交換してこそ価値があるわけですけど、

このジュース美味しそう。

このお菓子も美味しそう。

…全部引き換えるか。

という感じで大量に引き換えしてしまうので、お得に利用できるのは間違いありません。

dポイントで利用している限り、1ポイント=1円以上にはなりませんが、ローソンでお試し引換券に交換することで3倍近い価値にUPします。

3倍といってもローソンでポイント引き換えした場合だけなので用途は限られますが、dポイントも1ポイント=1円で使うことができるので問題ありません。

お近くにローソンがある方はこまめにチェックする楽しみができましたね!

ローソンアプリにdポイントを連携させるとロッピーでの発券不要で便利に

昔はお試し引換券の発行はロッピーでしか行えませんでしたが、今ではローソンアプリにdポイントやPONTAポイントを連携させることでスマホ上でお試し引換券の予約から発券まですることが可能になりました。

ロッピーはお世辞にも動作が早いとはいえませんのでスマホで済ませることができるのはとても便利。

ロッピーは1台しかない店舗ばかりなので混雑も気にしなくて済みますね。


ローソン

ローソン
開発元:Lawson, Inc.
posted withアプリーチ

ローソンアプリにdポイントを連携させた直後は切り替えができないので注意

ローソンアプリでdポイントに切り替え

ローソンアプリは便利なのですが、アプリとdポイントを連携させた直後はdポイントへの切り替えができません。

PONTAポイントが優先されてしまう仕様になっているため、数日の期間をおいてから切り替えに再度チャレンジしてください。

ローソンアプリ上でdポイントへの切り替えができないのは連携後数日間のみとなっているためご安心ください。

モバイルdカードではロッピーが利用できない

ここまで進んでくれた方はローソンアプリをダウンロードしてポイントカードの連携を済ませたかと思いますが、モバイルdカードでロッピーを利用できるのでは?と考えた方もいるはずです。

モバイルPONTAカードの場合はロッピーを利用することができますが、モバイルdポイントカードはロッピーに対応していません。

ローソンアプリでお試し引換券の発行ができるようになっているから不要という判断かもしれませんね。

プラスチックカードのdポイントカードであればPONTAカードと同じようにスキャンで利用することができます。

どうしてもロッピーで発券したい場合はプラスチックカードを利用してください。

dポイントはスマホ代金やd払いで使わないようにしよう!

今回はdポイントのおすすめの使い方について紹介しました。

dポイントはスマホの代金に当たることやd払いで利用することができますが、これらの支払いに利用するとポイント還元率が下がってしまうデメリットがあります。

dポイントはd払いが使えなくて、街中のポイント支払いできるお店であればムダなく利用できます。

dポイントをローソンのお試し引換券に交換することでも実質3倍近い還元率になります。

  • d払いが使えないお店でポイントを利用してお支払
  • dポイントをローソンのお試し引換券に交換する

この2つの方法が最強の使い方になります。

特にローソンのお試し引換券ルートは本当におすすめなので試してみてください。

icon-caret-square-o-right 12月のスマホ決済のおすすめキャンペーンはこれで決まり!還元率比較でお得に使い分けよう!

12月のスマホ決済のおすすめキャンペーンはこれで決まり!還元率比較でお得に使い分けよう!
早くも師走、年の瀬が近づいてきましたが、年末のお買い物もスマホ決済を使い分けてお得に済ませたいですね。消費税ポイント還元と合わせると10%還元も狙えるので必見です。ポイントはまちかどペイペイ第2弾やd払いの生活応援キャンペーン。もちろん楽天ペイのずーっと5%還元キャンペーンも必見です。今回は12月のスマホ決済おすすめの使い分け方法についてまとめます。
icon-caret-square-o-right これで決まり!スマホ決済におすすめのクレジットカード・銀行口座

これで決まり!スマホ決済におすすめのクレジットカード・銀行口座
スマホ決済は通常のお支払いでの還元以外にもキャンペーンによる還元もあるため、還元率の高いスマホ決済を使い分けてお得にお買い物したいというのが正直なところ。私としては、「還元率はそこそこでいいから、キャンペーンの対象漏れが少なくて支払い口座を1つにまとめてわかりやすく管理したい」というのが正直な感想。そこで今回はそれぞれのスマホ決済で「還元率が高くなるクレジットカード・銀行口座まとめ」、「支払いまとめにおすすめなクレジットカード・銀行口座」について紹介します。


コメント