Kyash CardとKyash Card Virtualはどちらがお得?損益分岐点で使い分けよう!

Kyash Cardと Kyash Card Virtualは どちらがお得?

Kyashは2020年4月から新しく生まれ変わり、

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card Virtual

これまでの2種類に加えてKyash Cardが新登場して名称も変更となりました。

大きく変わったのは還元率と発行手数料。

これまではなかった発行手数料が必要となったのはデメリットですが、利用頻度によって還元率と発行手数料である程度損益分岐点の目星がつけられます。

そこで今回はどれくらいの利用頻度であればKyash Cardを発行した方がよいのか検討してみます!

発行手数料を回収できるまでの購入金額を検討

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
発行手数料900円300円0円
還元率1.0%0.5%0.5%
回収までの購入金額90,000円60,000円0円
有効期限5年5年5年
利用上限6,000万100万円100万円
1ヶ月間の利用上限100万円12万円12万円(2万円) ※1
1回あたりの利用上限30万円5万円3万円(5,000円) ※1
24時間当たりの利用上限なし5万円3万円(5,000円) ※1
還元上限72,000円 ※25,000円5,000円

※1_()内は本人確認が済んでいない場合
※2_Kyash Cardの1ヶ月あたりの利用上限は100万円だが、ポイント還元の対象は12万円の購入まで

新しくなったKyash Cardは発行手数料が必要になりました。

Kyashにクレジットカードを登録して支払いするだけでポイント2重取りすることができるのは嬉しいですが、この発行手数料が意外とやっかいですよね。

ただし、Kyash Card Virtualだけは発行手数料が0円となっているのがポイント。

  • Kyash Card:発行手数料回収まで9万円
  • Kyash Card Lite:発行手数料回収まで6万円
  • Kyash Card Virtual:発行手数料なし→はじめからプラス

決済にかかる制限事項はKyash Cardに比べるとかなり多くはなりますが、Kyash CardやKyash Card Liteでは発行手数料回収までにかなりのお買い物が必要になるのに比べるとKyash Card Virtualが発行手数料が無料というメリットはなかなかに大きいですね。

Kyash Card Lite / Virtualは利用上限が100万円に設定されている点に注意

分岐路

Kyash Cardには有効期限だけでなく、利用上限が設定されていることにも注意が必要です。

Kyash Cardは月額100万円、1回あたりの決済金額も30万円までとなっているため利用上限を気にする必要はありませんが、Kyash Card Lite/Virtualは有効期限中に100万円の利用で上限に到達してしまいます。

有効期限は5年なのでKyashでのお買い物が1年あたり20万円を超えるようであれば利用上限に到達する可能性があります。

Kyash Card Virtualであれば発行手数料はかからないので気にする必要もありませんが、発行手数料を抑えるためにKyash Card Liteを選ぶ場合はどのような支払いに使っていこうと考えているのかを事前に考えておいた方が後悔しなくてよいでしょう。



Kyash Cardの損益分岐点を考えてみる

損益分岐点

それでは、Kyash Cardを発行するならどれを選べばよいのかを考えるために、Kyash Cardの損益分岐点を考えてみましょう。

注意して考えたいのは、

  • どんな支払いに使っていくのか
  • メインカードとして使いたいのか

ですね。

損益分岐点を考えるには、実際のどのようなお買い物でKyashを利用していくのかをざっと考えてみるとわかりやすくなります。

Kyash Cardの損益分岐点
Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
発行手数料900円300円0円
利用上限720万円100万円100万円
還元率1.0%0.5%0.5%
洋服の購入などに利用
 →年間10万円と仮定した還元P
1000P還元
 →100Pプラス
500P還元
 →200Pプラス
500P還元
 →500Pプラス
食料品のお買い物に利用
 →3万円×12カ月=36万円と仮定した還元P
3600P還元
 →2700Pプラス
1800P還元
 →1500Pプラス
1800P還元
 →1800Pプラス
食料品と日用品のお買い物に利用
 →5万円×12カ月=60万円と仮定した還元P
6000P還元
 →5100Pプラス
3000P還元
 →2700Pプラス
3000P還元
 →3000Pプラス
損益分岐点Kyash Card Lite ≦ 120,000円 ≦ Kyash Card
Kyash Card Virtual ≦ 180,000円 ≦ Kyash Card

 

ここでは食料品のお買い物でKyashを利用する場合、食料品と日用品のお買い物にKyashを利用する場合などの継続的に利用する場合の還元ポイントと洋服などの単発のお買い物に利用する場合で検討してみました。

損益分岐点で考えるなら年間10万円以下のお買い物にしか利用しないのであればKyash Card LiteもしくはKyash Card Virtualで十分といえます。

損益分岐点は、

  • 年間12万円以上利用するならKyash Card LiteよりもKyash Cardがおすすめ
  • 年間18万円以上利用するならKyash Card VirtualよりもKyash Cardがおすすめ

年間10万円もクレジットカードでお買い物しない方も意外といるはずですよね?

そんな方はわざわざKyash Cardを発行しなくても、Kyash Card Liteで十分です。

KyashはQUICKPayに対応したのでKyash Card Virtualも実店舗で利用できるようになりました。

利用頻度がかなり少なくなるかもしれないのであればQUICKPayが利用できるお店でKyash Card Virtualを使うだけでも十分かもしれませんよ?

損益分岐点はこんな感じになるのでどのKyashがお得なのかを先に検討してから発行しましょう!

Kyash Cardの発行は計画的に!

2020年4月より刷新されたKyash Cardでは発行手数料が必要となりました。

  • Kyash Card:900円,還元率1%
  • Kyash Card Lite:300円,還元率0.5%
  • Kyash Card Virtual:0円,還元率0.5%

3種類のKyashはすべて有効期限が5年となっており、Kyash Card Lite/Virtualは100万円の利用で上限となってしまいます。

このため、どんな支払いにどれくらい使っていくのかを考えて発行しないと発行手数料分も回収できずに損になってします可能性があります。

  • 年間12万円以上の利用:Kyash Card LiteよりもKyash Cardがおすすめ
  • 年間18万円以上の利用:Kyash Card VirtualよりもKyash Cardがおすすめ
  • 実店舗ではQUICKPay+でしか使えないが発行手数料0円のKyash Card VirtualがKyash Card Liteよりもおすすめ

どのKyashを発行するかはこんな感じで選んでもらえると発行手数料で損をすることもなくなります。

ぜひ参考にしてみてください。


Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ
icon-caret-square-o-right 【徹底比較】Apple Payに対応したKyashとスマホ決済はどちらがおすすめ?

【徹底比較】Apple Payに対応したKyashとスマホ決済はどちらがおすすめ?
ついにKyashもApple Payに対応したという嬉しいニュースが飛び込んできました。これでiPhoneユーザーもスマホ決済以上のスピードでKyashを利用した決済が可能になります。でも、なにがどう変わるのかピンとこない方もいますよね?そこでKyashがApple Payに対応することでなにが変わるのかをスマホ決済と比較しながら確認していきます。ハッキリ言って、これからはスマホ決済よりもKyashがおすすめになりますよ!
icon-caret-square-o-right Kyashポイント開始で還元率への影響は?Kyashポイントの特徴や注意点まとめ

Kyashポイント開始で還元率への影響は?Kyashポイントの特徴や注意点まとめ
VISAブランドのプリペイドカードで使い勝手のよいKyashが2019年10月よりKyashポイントのサービスを開始します。お?なんかもっとサービスが向上するの?と思った方は残念ながら反対です。Kyashポイントの開始により、これまでの2%還元が最大1%還元に改悪されてしまいます。ただし、デメリットばかりではなく相変わらずお得なカードであることは間違いありませんのでご安心を。今回はKyashポイント開始による還元率への影響やKyashポイントの特徴・注意点についてまとめます。


コメント