【還元率2%】スマホ決済よりおすすめなKyash Cardを使ってお得に買い物しよう!

Kyash Card

2019年はスマホ決済元年で高還元率キャンペーンも数多く開催されていましたが、2020年はスマホ決済も通常営業に戻り、どのスマホ決済を使えばよいのかわかりにくくなってきました。

そんな中で再び脚光を浴びることになりそうなのが名称だけでなく外観と機能を一新したKyash Cardです。

なんといってもKyash Cardの利用で1%還元を得られることとクレジットカード連携により実質2%還元が可能というスペックの高さが売りです。

今回は2020年の主役になるKyash Cardについてわかりやすく&詳しくまとめます。

今回のKyash Cardは3種類から選んで使うセレクトタイプ

3種類のKyash Card

これまでのKyash Cardはリアルカードとバーチャルカードの2種類でしたが、新しくなったKyash Cardでは1つ種類が追加され、それぞれ名称も変更されています。

発行
手数料
還元率利用限度額国内/海外利用本人確認
書類
Kyash Card900円1%30万円/回, 100万円/月〇/〇必要
Kyash Card Lite300円0.5%5万円/回,5万円/24h, 12万円/月〇/オンライン決済のみ不要
Kyash Card Virtual無料0.5%3万円/回,5万円/24h, 12万円/月
本人確認なし:5000円/回, 2万円/月
オンライン決済のみ不要

これまでのKyash Cardは発行手数料も無料でクレジットカードを連携させて利用することでポイントの2重取りができるメリットがありましたが、新しくなったKyash Cardでは発行手数料が必要となりました。

年会費が必要なわけではありませんので発行手数料を回収することさえできればそこから先は還元率の恩恵も受けることができます。

Kyash Cardの発行手数料は900円、還元率は1%となっていますのでクレジットカードと連携させると2%還元になります。

  • 年会費900円 ÷ 2% = 45,000円

45,000円利用することで発行手数料分を回収することが可能です。



Kyash Cardとクレジットカードで還元を2重取りできる

Kyashで支払い
Kyash Cardの魅力はなんといってもKyash Cardの利用による還元と登録したクレジットカード決済の還元を重ね取りすることができます。

  • Kyash Cardの還元率:1%
  • Kyash Cardに登録したクレジットカードの還元率:1%
  • 合計還元率:2%~

Kyash CardはVISAブランドのプリペイドカードですが、現金をチャージする代わりにクレジットカードを登録して利用することができます。

つまり、Kyash Cardを経由してクレジットカードで支払いしているのと同じになるワケですがKyash Cardとクレジットカードの両方の還元を受けることができるワケです。

クレジットカードで支払いするくらいならKyash Cardで支払った方がお得になるのが最大の魅力です。

icon-caret-square-o-right Kyash CardとKyash Card Virtualはどちらがお得?損益分岐点で使い分けよう!

Kyash CardとKyash Card Virtualはどちらがお得?損益分岐点で使い分けよう!
Kyashは2020年4月から新しく生まれ変わり、「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」が登場。これまでの2種類に加えてKyash Cardが新登場して名称も変更となりました。大きく変わったのは還元率と発行手数料。これまではなかった発行手数料が必要となったのはデメリットですが、利用頻度によって還元率と発行手数料である程度損益分岐点の目星がつけられます。そこで今回はどれくらいの利用頻度であればKyash Cardを発行した方がよいのか検討してみます!

Kyash Cardはスマホ決済よりもお得でおすすめな決済手段になる

スマホ決済とKyashはどっちがお得?

2019年はスマホ決済元年と呼ばれて高還元率キャンペーンが繰り広げられました。

LINE Payの50%還元やメルペイの70%還元など、とにかく破格のキャンペーンばかりでしたが2020年は高還元率祭りも終了してクレジットカードの還元率よりも低いものが増えてきました。

  • PayPay:2020年4月から0.5%還元
  • 楽天ペイ:サービス利用による還元はなし
  • メルペイ:還元なし

ほとんどのクレジットカードの還元率は1%となっていますので、通常の還元率でいえばスマホ決済よりもクレジットカードの方がお得な時代が戻ってきつつあります。

もちろん、スマホ決済にクレジットカードを登録して使うことになるのでスマホ決済の方が還元率が低くなるようなことはありません。

それでもKyash Cardの2%還元よりも高い還元率になるスマホ決済はありません。

2020年4月からはKyash Cardを積極的に使っていきたいですね。

Kyash Cardとスマホ決済のおすすめの使い分け

どちらかを選択

スマホ決済よりもKyash Cardの方がお得なことはわかりましたが、スマホ決済からKyash Cardにただ切り替えて使えばいいというワケではありません。

2020年4月以降もスマホ決済のキャンペーンはなくならないはずですのでキャンペーンを活用しながらうまく使い分けていくことが大事です。

 

Kyash Cardとスマホ決済の使い分け

  • スマホ決済のキャンペーン開催時:スマホ決済を利用する
  • キャンペーンが開催されていない時:Kyash Cardを利用する

使い分けは簡単ですね!

スマホ決済のキャンペーンが開催されているときはスマホ決済を使います。

開催されていない時はKyash Cardの方が還元率が高くなるのでKyash Cardを利用しましょう。

Kyash CardならVISAブランドのプリペイドカードなので利用できる店舗はスマホ決済よりも多くなります。

キャンペーン云々どころではないくらいKyash Cardの活躍する機会は多くなるはずですよ。

4月からはKyash Cardを使おう

Kyash Cardがデザインも新しくなって帰ってきました。

Kyash Cardにクレジットカードを登録して利用することで還元率は2%になります。

2020年4月からはスマホ決済もいよいよ通常営業になってきますので還元率もクレジットカード以下になるものばかり。

Kyash Cardも以前の3%還元に比べると2%還元にダウンしてはいますがスマホ決済の還元率低下に比べると断然キープできています。

相対的にKyash Cardのメリットが際立ってきた形ですね。

Kyash Cardの発行はKyashアプリからできますのでダウンロードがまだの方はこちらからどうぞ!


Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

icon-caret-square-o-right 【徹底比較】Apple Payに対応したKyashとスマホ決済はどちらがおすすめ?

【徹底比較】Apple Payに対応したKyashとスマホ決済はどちらがおすすめ?
ついにKyashもApple Payに対応したという嬉しいニュースが飛び込んできました。これでiPhoneユーザーもスマホ決済以上のスピードでKyashを利用した決済が可能になります。でも、なにがどう変わるのかピンとこない方もいますよね?そこでKyashがApple Payに対応することでなにが変わるのかをスマホ決済と比較しながら確認していきます。ハッキリ言って、これからはスマホ決済よりもKyashがおすすめになりますよ!
icon-caret-square-o-right Kyash CardとKyash Card Virtualはどちらがお得?損益分岐点で使い分けよう!

Kyash CardとKyash Card Virtualはどちらがお得?損益分岐点で使い分けよう!
Kyashは2020年4月から新しく生まれ変わり、「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」が登場。これまでの2種類に加えてKyash Cardが新登場して名称も変更となりました。大きく変わったのは還元率と発行手数料。これまではなかった発行手数料が必要となったのはデメリットですが、利用頻度によって還元率と発行手数料である程度損益分岐点の目星がつけられます。そこで今回はどれくらいの利用頻度であればKyash Cardを発行した方がよいのか検討してみます!


コメント