あえてLINE Payカードを使うメリットやデメリットはなにがあるの?

LINE Pay_LINE Payカード

LINE Payカードとは、LINEが発行するJCBブランドのチャージ式プリペイドカードです。

物理的なカードタイプのLINE Payと思えば良いでしょうか。

JCBブランドですので国内外のJCB加盟店約3,000万店舗で利用することができます。

基本機能はLINE Payと同じですが、LINE Payの普及とともに使いにくいプリペイドカードになってしまいました。

今回はLINE Payカードのメリットとデメリットを説明しながら、どのような場面で利用するのが良いのかご紹介します。

LINE Payカードの作り方

LINE Pay_LINE Payカードの作り方

まず始めにLINE Payカードの作り方を説明します。

作り方はとても簡単で、LINE Payの画面から「バーチャルカードをすぐに発行!」を選択。

LINE Pay_LINE Payカード_プラスチックカード

次に「プラスチックカードを申し込む」を選択し、名前と住所を入力すれば完了です。

到着までには約1~2週間かかります。

LINE Payカードのメリット

LINE Payカードのメリットは通常のクレジットカードが持つ利点に似ています。

もちろんクレジット機能はありませんが、現金を持ち歩かないでもいいという点では同じですね。

ここではLINE Payカードのメリットを2つご紹介します。

カード決済なのでスマホを用意する必要なし

LINE payカードはプラスチック型のカードタイプとなりますので、クレジットカード(デビッドカード)と同じように使用することができます。

バーチャルカードの場合、加盟店にオンラインの設備が必要となりますが、プラスチックカードタイプの場合、オフラインのJCB加盟店でも使用することができます。

「スマホの電池が切れて決済できない」という時でも、LINE Payカードがあればいつも通りに決済できます。

これがリアルなカードであるLINE Payカードのメリットですね。

icon-caret-square-o-right 3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?

3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?
2020年5月からは一般予約が開始される予定のLINE Pay VISAカード。LINE Pay VISAカードは初年度還元率が3%と破格の還元率が魅力です。年会費も普通に使っていればかからないので嬉しいばかり!そんなLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させることでスマホ決済最高峰の還元率になるのでとにかくオススメです。今回は3%還元のLINE Pay VISAカードをスマホ決済などと連携させてさらにお得に利用するおすすめの方法を紹介します。

オートチャージでチャージの手間が省ける

LINE Pay_オートチャージ方法

プリペイド式はチャージが面倒だと感じる方も多いと思います。

LINE Payカードは自動的に口座からチャージを行ってくれるオートチャージ機能を搭載しています。

一定の残高を下回ると自動的にLINE Pay残高へチャージしてくれるので、残高不足を心配する必要がありません。

残高に関してもLINEからリアルタイムで見ることができるので安心です。

LINE Payカードのデメリット

いろいろと便利なLINE Payカードですが、もちろんデメリットも存在します。

というか、ここ最近ではデメリットが多くなってきてしまったので残念です。

どんなデメリットがあるのかを確認して利用するようにしましょう。

LINE Payカードはポイント還元対象外

LINEポイントクラブ特典

< LINEポイントクラブ特典 >
2020年5月からはじまったLINEポイントクラブではLINE Payカードの利用がポイント還元の対象外となりました。

これまではLINE Payカードの利用でもポイント還元があったのでこれはとても残念な改悪になります。

LINE Payはチャージ&ペイ以外ではポイント還元がなくなってしまいましたので、LINE Payカードを利用する場合はただのプリペイドカードと同じように利用できるだけになってしまいました。

 

あえてLINE Payカードを利用するメリットはありませんが、貯まったLINEポイントを消費する目的や、LINE Payが利用できないお店での支払いに利用するという目的では便利なカードですので目的別に使い分けましょう。

 

icon-caret-square-o-right Amazonの支払いはAmazonクラシックとkyash・LINE Payカードのどれが1番お得なのか比較してみた!

Amazonの支払いはAmazonクラシックとkyash・LINE Payカードのどれが1番お得なのか比較してみた!
Amazonでの支払いはAmazon Mastercardクラッシックを使っている方もいるかと思います。他にもプリペイドカードのkyashやLINE Payカードも登録できるので、Amazonのお支払いには意外と選択肢が多いのが特徴です。Amazonでのお買い物が暮らしの一部になっている方も多いと思いますので、還元率の高いお支払い方法で少しでも節約したいですね。そこで、今回はAmazon MasterCardクラッシックとkyash・LINE PayカードでAmazonでのお買い物の還元率を比較します。

不正利用に対する補償は小さめ

クレジットカードと比較した場合の話になりますが、LINE Payカードは不正利用に対する補償が小さめとなります。

内容としては「30日以内の不正利用に対して10万円を限度とする補償」となります。

ただし不正利用がすぐ分かるような仕組みもとっています。

例えばLINE PayカードはLINE Pay残高に増減があると、LINEにメッセージがリアルタイムで届くようになっています。

もし身に覚えのない支払い通知が来ても、すぐに対処することができますので安心です。

また、利用停止の手続きもスマホから簡単にできます。

LINE Pay_LINE Payカードの利用停止方法

上記メニューから利用中のステータスをタップするだけ。

これで使用を停止させることができます。

icon-caret-square-o-right 不正利用の補償は30日まで!知っておきたいLINE Payの補償内容と不正利用時の対応方法

不正利用の補償は30日まで!知っておきたいLINE Payの補償内容と不正利用時の対応方法
LINE Payなどのキャッシュレス決済では、不正利用などのトラブル被害にあうリスクがあります。そのためキャッシュレス決済を利用する際は、還元率やキャンペーンなどのサービス内容だけでなく不正利用の被害にあった場合の補償内容や対応方法についても知っておくことが重要です。リスク管理の第一歩は補償内容や不正利用時の対応方法を知ることです。今回はLINE Payの補償内容についてご紹介します。
icon-caret-square-o-right LINE Payのセキュリティ対策や安全性は問題ない?不正使用時の対応方法には注意が必要です。

LINE Payのセキュリティ対策や安全性は問題ない?不正使用時の対応方法には注意が必要です。
LINE Payをチャージして使う分には不正利用されたとしてもチャージ分まででリスクは高くありませんが、クレジットカード決済を登録している場合はセキュリティ対策や安全性に問題がないかどうか、どうしても不安になってしまいますよね。LINE Payでも様々なセキュリティ対策が行われていますがよくご存じない方も多いはずです。今回はLINE Payの安全性を知るためにも、ここではLINE Payのセキュリティ対策に関して詳しくご紹介します。

結果的にLINE Payカードは使いやすいのか?

LINEポイントクラブの開始により、LINE Payカードは還元対象外となってしまいました。

LINE PayでLINE Pay残高とLINEポイントを利用した場合も還元対象外となります。

このため、あえてLINE Payカードを利用するメリットはなくなってしまいましたが、チャージ&ペイで還元されるLINEポイントを利用する場合はポイント還元は受けられないのでLINE Payカードを使っても変わりません。

つまり、LINE Payは使えないけどLINE Payカードは使えるようなケースでは貯まったLINEポイントを使ってお買い物をすることができます。

LINE PayカードはJCBブランドですので国内外のJCB加盟店約3,000万店舗で利用することができます。

あえて使うメリットはなくなりましたが持っておけば何かと便利なカードであることは間違いありませんね。

まとめ

2020年5月からはじまったLINEポイントクラブではLINE Payカードは還元対象外となってしまったため、あえてLINE Payカードを利用するメリットはなくなりました。

それでもLINE Payは使えないけどクレジットカードは使えるお店の場合、JCB加盟店であればLINE Payカードを利用することができます。

そういった機会に貯まったLINEポイントを消費する目的でLINE Payカードを利用するのも悪くないですね。

icon-caret-square-o-right LINE PayのLINEポイントクラブへの変更点を確認!マイカラー廃止とマイランク制度とチャージ&ペイ開始で利用者へのメリット・デメリットはどうなる?

LINE PayのLINEポイントクラブへの変更点を確認!マイカラー廃止とマイランク制度とチャージ&ペイ開始で利用者へのメリット・デメリットはどうなる?
2020年5月1日より、LINE Payのマイカラープログラムが廃止され、新たにLINEポイントクラブがはじまります。マイカラーの導入によりLINE Payの還元率は以前よりも下がってしまいましたがLINEポイントクラブはいったいどんな仕様になっているのか気になりますね。今回、新たに発表されたのは、「LINEポイントクラブの開始」「マイランク制度の導入」「チャージ&ペイの開始」となります。LINEポイントクラブの開始でLINE Payは使いやすくなったのか、私たち利用者へのメリットは何があるのかをチェックしていきましょう。
icon-caret-square-o-right 実際のところ、LINEポイントはLINE Payで使うとどれくらい損するの?

実際のところ、LINEポイントはLINE Payで使うとどれくらい損するの?
2020年5月1日よりLINE Payの還元条件がVISA LINE Payカードと紐づけして利用するチャージ&ペイのみに変更されました。しかし、チャージ&ペイとVISA LINE Payカードのポイント還元はLINEポイントで行われますので、どうやってもLINEポイントが貯まってしまうという状況に。使い勝手が悪くなってしまったLINEポイントを還元対象外であることは承知の上でLINE PayでLINEポイントを使っていったらどれくらい損するのでしょうか?


コメント