どれがおすすめ?チャージ&ペイやLINEショッピングなどで貯まったLINEポイントの使い方

なにがおすすめ?チャージ&ペイやLINEショッピングなどで貯まったLINEポイントの使い方

マイカラーが廃止されて新しく始まったLINEポイントクラブでは6ヶ月間で貯めた累計のLINEポイント数によってマイランクが決定されます。

還元率はマイランクに応じて決定されますが、マイランクの還元率が適用されるのはVISA LINE Payカードを登録して利用するチャージ&ペイのみとかなり限定されることになりました。

マイランクの最大還元率は3%ですが、還元はLINEポイントでおこなわれるため使い道に困ってしまうというデメリットがあります。

チャージ&ペイ以外のLINE Pay決済は還元ゼロなので、LINE Payで使ってしまうのももったいないという悪循環。

そこで今回はチャージ&ペイやLINEショッピングなどで貯まったLINEポイントの使い方について紹介します。

LINE Payで消費するよりも確実にお得なので必見ですよ!



LINEポイントクラブ開始でチャージ&ペイ以外のLINE Pay決済は還元対象外に

LINEポイントクラブ

<LINEポイントクラブ概要>

2020年5月からはじまったLINEポイントクラブではVISA LINE Payカードを紐付けして利用するチャージ&ペイ以外の決済手段はすべて還元対象外となってしまいました。

  • LINE Pay残高
  • LINEポイント

これらを利用した支払いのすべてが還元対象外になってしまったのでLINE Payがとても使いにくいスマホ決済になってしまいました。

ワンコイン投資などのLINEスマート投資も還元対象外に変更

LINEワンコイン投資

<LINEスマート投資>
ワンコイン投資などのLINEスマート投資はマイカラーに応じた還元の対象となっていましたが、LINEポイントクラブへの移行により還元対象外となってしまいました。

グリーンであれば損益+2%から投資を始めることができるかなり強力なアドバンテージがありましたが、LINEポイントクラブ開始以降は購入手数料の負担が発生するただの投資信託になってしまいました。

以前ほどのメリットはなくなってしまったのが残念ですね。



おすすめのLINEポイントの使い方

笑顔の女性

LINE PayでLINEポイントを消費してもポイント還元を受けられないのでどうやって使うのがお得なのか悩んでしまいます。

そんなときにおすすめなLINEポイントの使い方はこちらになります。

LINEポケオのポイント還元キャンペーンで利用する

LINEポケオのキャンペーン

<LINEポケオ>
誰にでも簡単に利用できるLINEポイントの使い方はLINEポケオのキャンペーンですね。

LINEポイント利用分の50%を還元してくれるお得なキャンペーンを不定期で開催しています。

不定期ではありますが、開催頻度は多め。

以前は77%ポイントバックなんてこともあったようなので、とにかくお得にLINEポイントを使うことができます。

課題といえば、LINEポイントをたくさん持っていないと恩恵が少なくなることですかね?

  • 最低購入金額
  • 還元上限
  • 対象外店舗

こんな条件もあるので利用の際はポイントバックの条件を満たしているかどうかはしっかりとチェックしておきましょう。

icon-caret-square-o-right LINEで簡単注文 – LINEポケオ

ポケオ | お持ち帰り・テイクアウトをLINEで簡単注文
ポケオは、今いる場所に応じて、近くのお持ち帰り・テイクアウト可能なお店を検索・注文・事前決済までLINE1つで完結できるテイクアウトサービスです。

LINE証券でLINEポイントを現金化

LINE証券

<LINE証券>
次におすすめなのがLINE証券を利用してLINEポイントを現金化する方法です。

LINEポケオはすべてのLINEユーザーの方に利用できましたが、LINE証券については証券口座を開設する必要があるのでハッキリいって手間ではあります。

それでもLINEポイントを現金化することができる唯一の方法ですのでチャージ&ペイでどんどんLINEポイントが貯まる方にとってはとにかくおすすめの方法になります。

LINE証券でLINEポイントを現金化する手順

では、LINE証券を利用してLINEポイントを現金化する方法を順を追って紹介します。

これでとても簡単にLINEポイントを現金化することができますよ。

LINEポイントをLINE証券に入金する手順
  • STEP1
    LINE証券を立ち上げて入金画面をひらく。
    LINE証券-入金
  • STEP2
    入金金額を入力する。
    LINE証券-入金
  • STEP3
    利用するLINEポイントを入力して入金する。
    LINE証券-LINEポイントを入金

これでLINEポイントをLINE証券に入金する手順は完了です。

入金額の表示にはLINEポイントという区分がなくなっているのが確認できますね!

 

次に、LINE証券から出金する手順を確認していきます。

LINE証券から出金する手順
  • STEP4
    出金画面を開く。
    LINE証券-出金
  • STEP5
    出金金額を入力して出金する。
    LINE証券-出金
  • STEP6
    出金完了。
    LINE証券-出金完了

LINEポイントをLINE証券を利用して、たったの6ステップで現金化することができました。

ただし、注意点もあります。

LINE証券-出金手数料

LINE証券からの出金は、

  • LINE Pay残高に出金
  • 銀行口座に出金

の2種類から選ぶことができますが、銀行口座への出金は別途出金手数料220円が発生してしまいます。

2020年4月末まではLINE Pay残高を利用してLINE Payの支払いをしても還元を受けることができましたが、2020年5月以降はチャージ&ペイのみが還元対象に変更されたため、残念ながらLINE Pay残高へ出金できてもLINEポイントの状態とそれほど変わらないことになります。



LINE証券を利用してLINE Pay残高に変更して銀行口座に出金・振込する

スマホ決済からの出金

LINEポイントはLINE証券を利用することでLINE Pay残高に無料で変更することはできますが、LINE Pay残高を利用したLINE Pay決済は還元対象外となってしまったためメリットが薄れてしまいました。

しかし、LINE Pay残高は銀行口座に出金もしくは振り込みすることで現金化することができます。

  • 銀行口座への出金手数料:220円/回
  • 銀行口座への振込手数料:176円/回

銀行口座へは出金もしくは振込の2パターンを選ぶことができますが、振込手数料の方が出金手数料よりも安いため、振り込みで現金化する方がお得になります。

あとはこの手数料をどのように考えるか次第です。

たとえば、マイランクがプラチナの場合、チャージ&ペイの還元率は3%になります。

3%還元で5000P貯めたLINEポイントをLINE証券経由でLINE Pay残高に変更して現金化した場合、

  • 5,000円 – 176円 = 4,824円
  • 4,824円 ÷ 5,000円 = 96%
  • 96% × 3%還元 = 2.9%還元

手数料はかかってしまいますが、手数料のマイナス分を考慮してもチャージ&ペイの還元率は2.9%になります。

クレジットカードで2.9%還元を達成するのは至難のワザですので、手数料をかけて現金化しても十分にメリットはありそうですね。

そう考えると、LINEポイントは貯めてLINE証券経由でLINE Pay残高に変更して一括で出金するのが1番お得になりそうです。

LINEポイントが少ないうちはLINE Payで使ってしまう

スマホ決済とKyashはどっちがお得?

最後におすすめなのがLINEポイントをLINE Payで使ってしまう方法です。

といっても、LINEポイント分はチャージ&ペイの還元対象外ですので条件付きで利用します。

実はLINE Payの還元は100円以下の金額についてもきっちりと計算されています。

たとえば、

  • マイランクがプラチナ=3%還元
  • お買い物金額140円
  • 140円 × 3% = 5.2円
  • ポイント還元は小数点以下切り捨てで5P

というような計算でポイント還元は行われています。

このため、33円以下の端数についてはポイント還元はされないということになりますね。

 

還元率に影響なく利用することができるLINEポイント数
マイランク還元率1P還元の区切り使用するLINEポイント数
レギュラー1.0%100円0P ~ 99P
ex) 199円 → 99P使っても還元に影響なし
シルバー1.5%67円0P ~ 66P
ex) 133円 → 66P使っても還元に影響なし
ゴールド2.0%50円0P ~ 49P
ex) 99円 → 49P使っても還元に影響なし
プラチナ3.0%34円0P ~ 33P
ex) 67円 → 33円使っても還元に影響なし

LINE Payではポイントを指定して利用することはできないので、還元損なしで利用しようと思ったら所有しているポイントが少ない場合のみしか利用できません。

割り切って還元額の少ない、金額の小さいお買い物はLINEポイントで支払いするというのもある意味ありですね。

LINEポイントはよく考えて使いましょう!

今回はLINEポイントクラブ開始により、LINE Pay残高での支払いが還元対象外に変更されました。

一方、新しくはじまったVISA LINE Payカードを紐付けして使うチャージ&ペイの還元はLINEポイントで還元されるなど使い勝手が悪くなってしまいました。

それでもマイランクがプラチナになればチャージ&ペイの支払いがすべて3%還元になるなど魅力もたっぷりなので悩みどころ。

使い勝手の悪いLINEポイントの使い方さえマスターできればあとはメリットしか残りません。

自分にあったLINEポイントの使い方を見つけてLINE Payをお得に利用していきましょう。

icon-caret-square-o-right 3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?

3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?
2020年5月からは一般予約が開始される予定のLINE Pay VISAカード。LINE Pay VISAカードは初年度還元率が3%と破格の還元率が魅力です。年会費も普通に使っていればかからないので嬉しいばかり!そんなLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させることでスマホ決済最高峰の還元率になるのでとにかくオススメです。今回は3%還元のLINE Pay VISAカードをスマホ決済などと連携させてさらにお得に利用するおすすめの方法を紹介します。
icon-caret-square-o-right ポチポチフライデーやLINEデリマを活用してLINE Payのマイランクでプラチナを目指す方法

ポチポチフライデーやLINEデリマを活用してLINE Payのマイランクでプラチナを目指す方法
LINE Payのマイランク制度ですが、ランク判定はLINEサービスを利用して貯まるLINEポイントの合計が対象となります。つまり、チャージ&ペイで還元されるLINEポイントの合計で判定されるわけではないんですね。このルールさえしっかりと理解していれば最上位ランクのプラチナになることも夢ではありません。今回はLINEショッピングのポチポチフライデーを利用してマイランクをプラチナにする方法をご紹介します。


コメント