スマホ決済するならポイントカードもモバイル化してキャッシュレス&カードレスに!

スマホ決済するならポイントカードもモバイル化して キャッシュレス&カードレスに!

スマホ決済が普及してきたことにより、お買い物の際に財布を取り出す機会が減ってきましたね。

小銭を数えて渡すことがなくなったのでお会計も確実にスピーディになりました。

ただ、スマホ決済は使っているのにポイントカードを提示している方はいませんか?

ポイントカードを提示することで還元率が0.5〜1.0%程度UPするので、コツコツ節約するという意味では大事ですが、ポイントカードの提示はおてがる決済という点では真逆をいってしまうんですよね。

しかし、カードの提示ではなく、モバイルカードの提示でもポイントが付与されるサービスも増えてきていますので、スマホ決済を使うのであればポイントカードのモバイル化もしておきたいですね。

今回はスマホ決済するなら忘れずにしておきたいモバイル化できるポイントカードについてまとめます。

ポイントカードはモバイル化しておく

スマホ決済で財布を取り出さなくても支払いを済ませることが可能になったので、次はよく使うポイントカードもモバイル化しておきたいですよね。

少し前まではカード定時しか無理だったポイントカードも最近ではアプリで表示することができるものが多くなりました。

アプリで表示できる=モバイル化されているということなので、スマホ決済と同じように財布から取り出さなくてもポイントカードを提示することが可能です。

最低でもこちらのポイントカードはモバイル化しておくと便利です。

モバイル化しておきたいポイントカード

  • Tポイントカード
  • 楽天ポイントカード
  • dポイントカード
  • PONTAカード

圧倒的提携店舗数を誇るTポイントカードはモバイル化必須

Tポイント(公式)

Tポイント(公式)
開発元:Culture Convenience Club Co.,Ltd.
posted withアプリーチ

提携している店舗の数と歴史を考えるとほとんどの方がTポイントカードを持っているのではないでしょうか?

Tポイントカードでは期間限定Tポイントがもらえたりしますが、ただポイントカードを持っているだけでは見落としがちです。

私も過去に期間限定Tポイントを失効してしまっているのがチラホラ…

期間限定Tポイントはネットショッピングに使えたりするので特に買いたいものがなくてもQUOカードを購入したりすれば無駄なく使うことができます。

Tポイントカードはモバイル化するだけでカード定時が楽になるだけではなく、ポイントの失効も防ぐことができるのでモバイル化必須です。

楽天ポイントカードは楽天ペイに登録してモバイル化

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
posted withアプリーチ

楽天ポイントカードは楽天のいろいろなアプリでモバイル化されています。

逆に、どのアプリのコードを見せればよいのか迷いそうなくらい、いたるところにポイントカードのコードがリンクされています。

私がおすすめするのは楽天ペイに登録すること。

楽天ペイに登録すれば自動的にモバイルのポイントカードももらえるので一石二鳥です。

楽天ペイとポイントカードのアプリが一体になっているのでアプリを何個も立ち上げる必要がないのがとてもうれしいです。

楽天市場も巨大ですので、街中のいろんなお店で楽天ポイントを貯めることができます。

楽天ペイにさえ登録しておけば財布を取り出さずにポイントをもらうことができるのでオススメですよ。

icon-caret-square-o-right 【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法

【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法
1億人を上回る会員数を誇る楽天市場の効果もあり、楽天ペイは数あるスマホ決済の中でもNo.1の利用率を誇ります。楽天市場の魅力はクレジットカード、銀行を楽天に統一してしまうことで楽天市場でのお買い物のポイント還元率がどんどん上がっていくことです。楽天ペイも支払い用のクレジットカードとして楽天カードを登録することで最大5%還元になります。今回は楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で、普段のお買い物だけでなく楽天経済圏を攻略する方法について紹介します。

モバイルdポイントカードもd払いアプリと一体型になっている

d払い-スマホ決済、チャージ不要!キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済、チャージ不要!キャッシュレスでお支払い
開発元:株式会社NTTドコモ
posted withアプリーチ

dポイントも意外と街中で貯めることができるポイントカードです。

docomo以外のキャリアの方はあまり貯めていないかもしれませんが、dポイントは他のポイントカードよりもポイント還元率が高いので捨て置くにはもったいないですよ。

dポイントカードもd払いのアプリをダウンロード&登録することでモバイルdポイントカードをもらえます。

たぶん、多くの方にとって盲点になっているのが、

  • ソフトバンクを使っているからdポイントは使えない
  • auを使っているからdポイントは使えない
  • Yモバイルを使っているからdポイントは使えない

などといったキャリアが違うから使えないだろうという思い込みです。

dポイントはdocomo以外のキャリアを使っていても貯めることができますし、利用することもできます。

通信料金などとまとめて支払いをすることができないのとAmazonでは利用できないくらいの制約しかありません。

dアカウントを取得するだけでモバイルdポイントカードがもらえるのでおすすめです。

icon-caret-square-o-right ドコモユーザー以外の方でも支払いに使えるd払いのメリット・デメリットを詳しく解説

ドコモユーザー以外の方でも支払いに使えるd払いのメリット・デメリットを詳しく解説
キャッシュレス決済サービスの新規参入がぞくぞくと進む中でも着実にシェアを伸ばしている印象の「d払い」。3大キャリアのひとつであるドコモのdポイントとの連携も含め、ユーザー獲得において他社よりもアドバンテージを持っていますよね。アプリのダウンロードは500万を超えており、今後さらなる進化が期待されます。今回はそんなd払いのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。


じゃらんの利用で貯まるPONTAポイントもモバイル化可能

Pontaカード(公式)

Pontaカード(公式)
開発元:LOYALTY MARKETING, INC.
posted withアプリーチ

PONTAカードの存在感は意外とないんですよね。

コンビニだとローソンでしか貯まりませんし、ガソリンスタンドだとシェルで貯まったりします。

おそらく、多くの方はじゃらんの利用でPONTAポイントが貯まっているんじゃないかと思います。

このPONTAのポイントもモバイル化が可能です。

モバイル化してしまえばコンビニなどでの定時も楽ですし、期間限定ポイントも見逃すことがなくなるのでおすすめです。

PONTAの最大の魅力はローソンでのポイント引き換えです。

30ポイントで100円以上の商品に交換できることもザラです。

一時期ほど交換できる商品は多くありませんが、ローソンユーザーの方は重宝しているはずです。

こちらも併せて活用してみてくださいね!

モバイル化したポイントカードはショートカットアプリと連動させる

ショートカット

ショートカット
開発元:Apple
posted withアプリーチ

これはiPhoneユーザー限定ではありますが、モバイル化したポイントカードはウィジェットにショートカットとして登録しておくことでアプリを開くまでの時間を短縮することができます。

このショートカットの設定まで済ませておけば、

  • ポイントカードを財布から探して取り出す時間の削減
  • モバイルポイントカードのアプリ表示までの時間の短縮

この2つのメリットを受けることができます。

ショートカットはポイントカードだけでなく、スマホ決済アプリも一緒に作っておくことでより便利になりますね。

スマホ決済は還元率ばかりに注目されていますが、やはり最大のメリットは決済の手軽さだと思います。

支払いだけスマートにできても、ポイントカードを探すのに時間がかかっていては意味がありませんよね。

iPhoneユーザーの方はぜひここまで試してみてください。

icon-caret-square-o-right 【iPhone必見】ショートカットをウィジェットに追加してスマホ決済のPayPayやLINEPayをもっとクイックに利用する方法

【iPhone必見】ショートカットをウィジェットに追加してスマホ決済のPayPayやLINEPayをもっとクイックに利用する方法
スマホ決済は財布を取り出さずに決済することができるのでとても便利ですが、慣れてくるとコードを表示するのが面倒に感じてきます。このため、PayPayやLINE Payなどの主要スマホ決済をサクッと使える方法があれば嬉しいですよね。そこで、iPhoneユーザー向けのスマホ決済をもっとクイックに使うためのショートカット作成方法についてまとめます。

明日からはモバイルポイントカードを提示してお買い物しよう

今回はポイントカードをモバイル化する方法についてまとめました。

正直、スマホ決済はすごく手軽に済ませることができるのでポイントカードの提示は面倒になってしまい、ついつい「ポイントカードはありません。」はといってそのまま支払いしてしまうことが多くなっていました。

改めてポイントカードもアプリで表示できないかな?と調べてみると、主要なポイントカードはほとんどモバイル化されていることがわかったので、今ではポイントカードの還元も漏れなく受けられています。

どんどん便利になってきていますが、こんなサービスがあることを知らないと活用もできませんからね。

ここまで読んでいただけた方は明日からはモバイルポイントカードでお買い物していますね!

スマホ決済だけではなく、ポイントカードもモバイル化してもっと便利にお買い物しましょう。

icon-caret-square-o-right 最強のショートカットはSiri!PayPayや楽天ペイなどスマホ決済の賢い立ち上げ方

最強のショートカットはSiri!PayPayや楽天ペイなどスマホ決済の賢い立ち上げ方
iPhoneユーザーはショートカットアプリを利用してPayPayや楽天ペイなどのスマホ決済をクイックに立ち上げることができますが、「画面を左にフリック」「ショートカットをタップ」という2操作が必ず発生します。それさえも省略してしまいたい方は「Hey!Siri」と呼びかけてしまおう、というお話です。Siriでスマホ決済を立ち上げる方法はとても簡単ですのでぜひ使ってみてください。
icon-caret-square-o-right Amazonの支払いはAmazonクラシックとkyash・LINE Payカードのどれが1番お得なのか比較してみた!

Amazonの支払いはAmazonクラシックとkyash・LINE Payカードのどれが1番お得なのか比較してみた!
Amazonでの支払いはAmazon Mastercardクラッシックを使っている方もいるかと思います。他にもプリペイドカードのkyashやLINE Payカードも登録できるので、Amazonのお支払いには意外と選択肢が多いのが特徴です。Amazonでのお買い物が暮らしの一部になっている方も多いと思いますので、還元率の高いお支払い方法で少しでも節約したいですね。そこで、今回はAmazon MasterCardクラッシックとkyash・LINE PayカードでAmazonでのお買い物の還元率を比較します。
icon-caret-square-o-right 3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りしよう!

3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?
2020年5月からは一般予約が開始される予定のLINE Pay VISAカード。LINE Pay VISAカードは初年度還元率が3%と破格の還元率が魅力です。年会費も普通に使っていればかからないので嬉しいばかり!そんなLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させることでスマホ決済最高峰の還元率になるのでとにかくオススメです。今回は3%還元のLINE Pay VISAカードをスマホ決済などと連携させてさらにお得に利用するおすすめの方法を紹介します。


コメント