【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法

楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で 還元率最大化する方法

1億人を上回る会員数を誇る楽天市場の効果もあり、楽天ペイは数あるスマホ決済の中でもNo.1の利用率を誇ります。

楽天市場の魅力はクレジットカード、銀行を楽天に統一してしまうことで楽天市場でのお買い物のポイント還元率がどんどん上がっていくことです。

楽天ペイも支払い用のクレジットカードとして楽天カードを登録することで最大1.5%還元になります。

1.5%還元まできたら楽天経済圏の攻略は目前です。

今回は楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で、普段のお買い物だけでなく楽天経済圏を攻略する方法について紹介します。

まずは楽天ペイに楽天カードを登録しよう

楽天ペイ
楽天経済圏の攻略の前に普段のお買い物でも最大5%還元を受けられるように楽天ペイに楽天カードを登録しましょう。

これにより、

  • 楽天ペイ利用による還元:1%
  • 楽天カードからのチャージ:0.5%
  • 合計1.5%還元

という還元サービスを受けることができます。

ただし、楽天ペイの還元はご利用金額200円につき各還元率によるポイントがもらえるので、200円以下のお買い物ではポイントが還元されません。

200円単位できっちりお買い物をすれば1.5%の還元を受けられますが、そんなにうまくお買い物をすることはできませんので、実際の還元率はもっと低くなります。

< 追記 >

登録するクレジットカードは楽天カードでなくてもOKで、楽天カード以上の還元率のクレジットカードを登録するのがおすすめです。

どちらかというと楽天ペイは期間限定ポイントの消費用としての利用がおすすめ

利用できる店舗はどんどん増えていますので、クレジットカード決済の代わりとして利用するのも便利です。

 

icon-caret-square-o-right 【楽天ポイントの使い方3選】楽天ポイントのベストな使い方は?楽天カードの支払いやポイント投資で無駄なく利用がおすすめ

【楽天ポイントの使い方3選】楽天ポイントのベストな使い方は?楽天カードの支払いやポイント投資で無駄なく利用がおすすめ
楽天市場や楽天ペイ、楽天ポイントカードなどを利用していると貯まるのが楽天ポイント。しかし、貯まったポイントの使い方にはいつも悩まされます。「楽天ペイで利用する」「楽天市場で利用する」「楽天カードの支払いにあてる」「楽天証券でポイント投資する」などなど、ポイントの利用方法はいくつもありますが、どの利用方法が1番お得なのかがわからない。今回は同じ悩みを抱える楽天ユーザーの方のために楽天ポイントのベストな使い方を紹介します。迷ったら同じ方法を選んでもらえれば間違いないのでご安心ください。
icon-caret-square-o-right 12月からの楽天ペイの還元率は通常営業!覚えておきたい還元率の変更内容

12月からの楽天ペイの還元率は通常営業!覚えておきたい還元率の変更内容
楽天ペイのずーっと5%還元キャンペーンは2019年12月1日で終了してしまいました。12月2日以降もキャンペーンが継続するかな、と期待していましたがまさかの通常営業という残念な展開になっています。還元率の変更に気づかずに使い続けていると、あとで「なんか還元が少ない気がする」なんて形で気づいて損した気分になりかねません。今日からしっかりと対応するためにも2019年12月2日からの楽天ペイの使い方についてチェックしましょう。

還元率1.5%は数あるスマホ決済でも上位

楽天ペイに楽天カードを登録して支払いすることで最大1.5%のポイント還元を受けられますが、これは続々と登場してきているスマホ決済と比べても上位になります。

  • 楽天ペイ:1.5%還元
  • PayPay:1.5%還元
  • LINE Pay:3.0%還元
  • au PAY:1.5%還元

還元率だけでみればLINE Payの3%還元が1番良くなりますが、これはVISA LINE Payカードを紐付けしてプラチナランクになる必要があります。

LINE Payを除けば最高還元率は1.5%と横並びになりますが、楽天ペイは楽天カード紐付けで利用するだけで1.5%還元を達成することができる手軽さも魅力的です。

還元率を重視するのであればLINE Payがおすすめですが、楽天ユーザーであれば困る期間限定ポイントの消化にも楽天ペイはおすすめですよ。

icon-caret-square-o-right 【決定版】目的にあった楽天ペイおすすめの使い方

【決定版】目的にあった楽天ペイおすすめの使い方
みなさん、楽天ペイ使ってますか?スマホ決済はPayPayやLINE Pay、d払い、au PAYなどたくさんの種類がありますが、楽天ペイは楽天市場ユーザーにとっては必須アイテムといえるスマホ決済です。最近は還元率も改善されたので普段使いのスマホ決済としても優秀になりましたね。でも、正直なところ知名度に関しては他のスマホ決済に後れを取っている印象が強い。そこで今回は楽天ペイってどうなの?と思っている方のために、目的に合った楽天ペイおすすめの使い方を紹介します。これさえ読んでおけば楽天ペイを使うメリットと他のスマホ決済との使いわけがまるわかりですよ。

 



SPUの恩恵で楽天経済圏が超お得になる

楽天SPU
ここまでは楽天ペイに楽天カードを登録することで現行のスマホ決済トップクラスの還元率を得られることをお伝えしました。

ここからは楽天経済圏のポイント還元を攻略する方法になります。

楽天市場のお買い物を楽天カードで支払えばポイント2倍

楽天市場でお買い物をされる方はどんなクレジットカードを使っていますか?

おそらく楽天市場を利用される方は楽天市場を、アマゾンを利用される方はアマゾンを優先的に使っているはずです。

本当は価格を見比べて安い方でお買い物すべきですが、そこまで細かく気にしない方の方が多いでしょう。

もし、楽天市場でのお買い物に楽天カード以外を利用されている方は楽天カードに切り替えることでポイント還元率が2倍になります。

たかが2倍と思われるかもしれませんが、長い目で見れば結構な金額のお買い物をするものです。

累計100万円のお買い物をした際に、ずっと1%還元のクレジットカードを利用していた場合と楽天カードで支払いした場合では、

  • 楽天カードでお支払い:10000円分還元
  • 1%還元のクレジットカードでお支払い:5000円分還元

5000円あればちょっと豪華なご飯が食べられますよ?

支払い方法の変更だけでこれだけお得になるので検討してみる価値はあるでしょう。


 icon-caret-square-o-right 年会費永年無料の楽天カード

楽天カードの引き落としを楽天銀行にすることでポイント2倍

楽天銀行+楽天カード
さらに楽天カードの引き落としを楽天銀行にすることでポイント還元が2倍になります。

楽天市場でのお買い物であればポイント3倍になるわけです。

さて、これを先ほどの計算式に当てはめてみると、

  • 楽天カード+楽天銀行でお支払い:15000円分還元
  • 1%還元のクレジットカードでお支払い:5000円分還元

10000円あればなにが食べられますかね?

豪華なディナーが食べられそうですね!

 

icon-caret-square-o-right 楽天ペイのメリット・デメリットについて実際に使ってみた感想付きで解説!

楽天ペイのメリット・デメリットについて実際に使ってみた感想付きで解説!
楽天ペイはお財布不要で決済できるだけではなく、楽天でのお買い物でもらえる楽天スーパーポイントも支払いに使うことができて非常に便利なんです。今回は楽天ペイがどれだけ便利なのかを多くの方に知ってもらうために、楽天ペイを実際に利用してみて感じたことについてまとめてみました。メリット・デメリットについても触れていくので楽天ペイを利用しようか今まさに悩んでいる、という方も是非参考にしてみてください。

楽天銀行の金利は大手銀行の40倍とずば抜けている

楽天銀行は店舗を持たないインターネット銀行、つまりネットバンクです。

ネットバンクは大手銀行などと比べても預金金利が高いことが特徴です。

楽天銀行の場合はなんと40倍もの高金利になっています。

  • 楽天銀行で引き落としがあった翌月の金利:年利0.04%
  • 大手銀行の金利:年利0.001%

楽天調べでは大手銀行の金利は年0.001%なので楽天銀行の金利は40倍になります。

ただし、楽天カードの引き落としが楽天銀行でされる場合のみです。

楽天銀行のみの利用では年0.02%の金利なので20倍まで下がってしまいます。

まぁ、楽天銀行でも100万円の預金で1年間の利息が400円ですから、そんなに気にするほどでもないのかもしれません。

これが大手銀行になると1/40の10円です。

楽天銀行の方が大手銀行よりもはるかにお得であることは確かですよね。

楽天市場アプリでのお買い物でポイント0.5倍

楽天市場アプリで+1倍

楽天市場でお買い物するのであれば楽天市場アプリでのお買い物に切り替えることでポイント還元0.5倍になります。

2019年6月いっぱいはポイント還元が1倍でしたが、残念ながら2019年7月からは0.5倍になります。

とはいえ、楽天ユーザーにとっては残念な改悪ではありますが、楽天市場アプリを利用してお買い物するだけでポイント還元が0.5%上乗せされるわけですので十分嬉しい還元サービスですよね。

 

icon-caret-square-o-right 【2020年決定版】楽天市場でふるさと納税をするとどれくらいお得になるのか計算してみよう!

【2020年決定版】楽天市場でふるさと納税をするとどれくらいお得になるのか計算してみよう!
ふるさと納税はとても簡単にできるようになってきていて、ふるなび やさとふるなどのふるさと納税専用サイトからだけではなく、楽天市場 やYahoo!ショッピング からでもふるさと納税をすることが可能になりました。結論からいいますと、ふるさと納税で1番お得なのは楽天市場です。2019年のふるさと納税を振り返りながら、楽天市場のふるさと納税を利用することでどれくらいお得になったのか確認してみます。

残りの楽天SPUすべて達成で+16倍=16%還元に

楽天SPU< 楽天市場SPU(スーパーポイントアッププログラム詳細 >

ここまで紹介したのSPUプログラムの中でも、楽天市場でのお買い物など比較的達成しやすい条件でした。

こちらのサービス利用でポイント還元はさらにUPして2019/7/1からはじまる2つの新サービスを加えると最大でポイント還元16倍になります。

  • 楽天会員:+1倍
  • 楽天カード:+2倍
  • 楽天プレミアム/ゴールドカード:+2倍
  • 楽天銀行+楽天カード:+1倍
  • 楽天証券:+1倍
  • 楽天モバイル:+1倍
  • 楽天トラベル:+1倍
  • 楽天市場アプリ:+0.5倍
  • 楽天ブックス:+0.5倍
  • 楽天Kodo:+0.5倍
  • 楽天ブランドアベニュー:+1倍
  • 楽天TV:+1倍
  • 楽天ビューティ:+1倍
  • 楽天ひかり:+1倍
  • 楽天でんき:+0.5倍
  • 楽天の保険+楽天カード:+1倍
  • 楽天Pasha:+0.5倍
  • Rakuten Fashion:+0.5倍

実際、これらのサービスすべてを活用することなんて不可能だと思いますので、ポイント還元+16倍=16%還元は現実的ではありません。

しかし、+4~5倍程度であれば楽天銀行、楽天カードを活用することで達成できます。

楽天のサービスに集約するだけで消費税増税分くらいは相殺することができるので検討する価値はありますよね。

数年~数十年単位で考えれば4~5%分の還元であっても金額的にはかなり大きくなってきますので、こういった部分からコツコツ節約していくことが大事です。

楽天SPUのサービスは楽天SPUプログラムよりご確認ください。

 

icon-caret-square-o-right 楽天証券のポイント投資は投資のリスクとSPU+1倍のメリットのどちらが高いのか?

楽天証券のポイント投資は投資のリスクとSPU+1倍のメリットのどちらが高いのか?
楽天証券といえば楽天ポイントを使ったポイント投資ができるメリットがありますが、「投資による損失を負うリスク」「楽天市場のSPU+1倍になるメリット」の2つを比べた場合、リスクとメリットのどちらの方が高いのかがハッキリしませんよね。私としてはポイント投資をしてSPU+1倍で楽天市場を利用する方が断然おすすめ。そこで今回は楽天証券のポイント投資のリスクとSPU+1倍のメリットのどちらの方が高いのかを検証してみます。

現実的には楽天ペイ+楽天カード+楽天銀行でポイント還元+3.5倍が可能

笑顔の女性

楽天市場でのお買い物をされるかどうかは人それぞれな部分がありますし、普段のお買い物でどれくらいお得&節約することができるかということが大事ですよね。

現実的な還元率UPとしては、

  • 楽天ペイ+楽天カード:1.5%還元
  • 楽天カード+楽天銀行:+2倍
  • トータル還元率:3.5%

この組み合わせで3.5%還元にするのが比較的手間もかからず、かつ普段のお買い物から還元率を活かすことができます。

楽天カードも楽天銀行も1度作ってしまえばそれ以降はずっと3.5%還元になるので楽天ペイを利用されている方は標準装備としてしまいたいところですね。

楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率を最大活用しよう!

今回は楽天経済圏攻略として楽天SPUのサービスを紹介しました。

もちろん、楽天市場でのお買い物で効率よくポイント還元をもらうためだけではなく、楽天ペイに楽天カード&楽天銀行を連携させることで7%還元までUPさせることができます。

他のスマホ決済サービスでも銀行口座まで連携させて還元率をUPさせられるものはありません。

会員数1億人以上を誇る楽天だからこそできる還元サービスといえます。

普段から楽天ペイを利用されている方はこれを機会に楽天カードと楽天銀行を連携させて、まずは7%還元を達成しましょう。

 

icon-caret-square-o-right 【使ってみてわかった】速度制限がかかってもバリバリ使える楽天モバイルUN-LIMITは将来有望でおすすめ?

【使ってみてわかった】速度制限がかかってもバリバリ使える楽天モバイルUN-LIMITは将来有望でおすすめ?
楽天モバイルUN-LIMITは驚愕の1年間完全無料キャンペーンを掲げてスタートしました。でも、まだまだUN-LIMITエリア=使い放題エリアは首都圏に限定されていて、私のような地方住みには5Gのデータ上限までしか使えないことがネックでした。しかし、噂には楽天モバイルUN-LIMITはデータ制限にかかっても早いと聞いていますが実際のところは・・・?と思って使ってみたら早いのなんの、速度制限中でもめちゃくちゃ普通に使えるじゃないですか。そこで今回は楽天モバイルUN-LIMITが速度制限にかかった状態でどれくらいバリバリ使えるのかをお伝えします。ハッキリいって、速度制限かかっててこれだけ早けりゃ楽天モバイルUN-LIMITは超おすすめですので必見です!
icon-caret-square-o-right 楽天お買い物マラソンの還元額早見表!買いまわりも大事だけど金額の大きいお買い物がおすすめ

楽天お買い物マラソンの還元額早見表!買いまわりも大事だけど金額の大きいお買い物がおすすめ
楽天スーパーセールの魅力はなんといっても10店舗買いまわりで還元率+9%になることですが、還元率を上げるために無駄なお買い物をしそうになってしまうのがスーパーセールの怖いところでもあります。このスーパーセール、買いまわりの還元率ばかりが注目されがちですが、ポイントの還元上限にも注目することで無駄を減らすことができます。キーワードは「還元上限は10,000P」です。さー、いってみましょう!


コメント