12月からの楽天ペイの還元率は通常営業!覚えておきたい還元率の変更内容

12月からの楽天ペイの還元率

楽天ペイのずーっと5%還元キャンペーンは2019年12月1日で終了してしまいました。

12月2日以降もキャンペーンが継続するかな、と期待していましたがまさかの通常営業という残念な展開になっています。

還元率の変更に気づかずに使い続けていると、あとで「なんか還元が少ない気がする」なんて形で気づいて損した気分になりかねません。

今日からしっかりと対応するためにも2019年12月2日からの楽天ペイの使い方についてチェックしましょう。

12月からは還元率は最大2%に変更される

楽天ペイの還元率変更内容

  • 楽天ペイに楽天カードを登録:クレジットカード分1%還元
  • 楽天ペイに楽天カードを登録、引き落とし口座に楽天銀行を設定した新規ユーザー:上記+楽天銀行分1%=2%還元
  • 楽天カード以外のクレジットカードを登録:楽天ペイの還元はなし、クレジットカード分0.5%〜3%程度

2019年12月2日からの還元率はざっとこんな感じです。

お気づきでしょうか?

楽天ペイに楽天カードを登録した場合の還元率が1%ということに。

ずーっと5%還元キャンペーンの前の楽天ペイは200円毎に1円分の還元だったので、還元率0.5%でした。

そこに楽天カードを登録することでクレジットカード決済分の還元率が上乗せされて1.5%還元となっていました。

しかし、変更後の還元率では1%還元なので、楽天ペイ利用による還元はナシになったということになります。

さらに、楽天カードの引き落とし先を楽天銀行に設定した新規ユーザーのみが2%還元の対象になります。

すでに楽天カードの引き出しを楽天銀行にしている方は対象外となります。

なかなか強烈な改悪となりました。

ずーっと5%還元キャンペーンが素晴らしかっただけに残念ですね。

楽天ペイは3Dセキュアの都合でkyashを登録できないのでポイント重ね取りができない

Kyash

楽天ペイはプリペイドカードも登録可能ですが、kyashの3Dセキュア導入により、登録ができなくなりました。

このため、kyash経由でポイントを重ね取りすることもできなくなりました。

仮にkyashを経由させることができれば、

  • kyash:1%還元
  • kyashに登録したクレジットカード決済:0.5〜3%還元
  • 合計:1.5〜3.5%還元

という還元率が見込めましたがそれも無理なのが残念ですね。

icon-caret-square-o-right Kyashポイント開始で還元率への影響は?Kyashポイントの特徴や注意点まとめ

Kyashポイント開始で還元率への影響は?Kyashポイントの特徴や注意点まとめ
VISAブランドのプリペイドカードで使い勝手のよいKyashが2019年10月よりKyashポイントのサービスを開始します。お?なんかもっとサービスが向上するの?と思った方は残念ながら反対です。Kyashポイントの開始により、これまでの2%還元が最大1%還元に改悪されてしまいます。ただし、デメリットばかりではなく相変わらずお得なカードであることは間違いありませんのでご安心を。今回はKyashポイント開始による還元率への影響やKyashポイントの特徴・注意点についてまとめます。


これからは純粋に還元率の高いクレジットカードを登録すればOK

クレジットカードの束

楽天ペイに楽天カードを登録することによる還元率の優遇はなくなってしまったようなものなので、これからは還元率の高いクレジットカードを登録しましょう。

もちろん、楽天カードの還元率は1%なので悪くはありません。

そのまま継続して使うのも全然アリだと思います。

どんどん雲行きが怪しくなってきてはいますが、LINE Pay VISAカードが発行されれば初年度3%還元なので1番メリットがありそうですね。

とにかく、楽天ペイには手持ちの還元率が1番高いカードを登録するのが1番のおすすめです。

icon-caret-square-o-right 3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りしよう!

3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?
2020年5月からは一般予約が開始される予定のLINE Pay VISAカード。LINE Pay VISAカードは初年度還元率が3%と破格の還元率が魅力です。年会費も普通に使っていればかからないので嬉しいばかり!そんなLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させることでスマホ決済最高峰の還元率になるのでとにかくオススメです。今回は3%還元のLINE Pay VISAカードをスマホ決済などと連携させてさらにお得に利用するおすすめの方法を紹介します。

楽天キャッシュをチャージして1.5%還元にするのが1番おすすめ

楽天カードからチャージ

楽天カードをお持ちの方は楽天ペイに楽天カードからチャージすることで200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

つまり、楽天カードからチャージして利用することで0.5%還元上乗せすることができます。

これでクレジットカード決済分の還元率とあわせて1.5%還元になります。

楽天カードで極めるならこの1.5%還元が上限になりそうですね。

これ以上を求めるのであればやはり1%還元以上のクレジットカードを登録する方が早いので、楽天カードへのこだわりは捨ててしまいましょう。

楽天市場を利用する場合は楽天カードはこれからも有効

楽天ペイを使っている方は楽天市場も利用されてる場合が多いはずです。

  • 楽天カードで支払い:ポイント2倍
  • 楽天カードの引き落としを楽天銀行に設定:ポイント2倍

楽天会員のポイントやアプリ利用分のポイントUPとあわせれば、楽天カードと楽天銀行を利用するだけでポイント3.5倍=3.5%還元になります。

他にも楽天市場はSPUを上手くあげることで還元率UPが狙えますが、こういったベースアップを仕込んでおくことで半永久的に還元率を上げることができます。

そういう意味では楽天ユーザーにとっては楽天カードはもはや必須カードなわけです。

ふるさと納税でもSPUがUPするので楽天市場はとにかくお得になります。

楽天ペイに楽天カードは必須ではありませんが、楽天市場も利用するなら楽天カードを作らない理由はありませんね!

icon-caret-square-o-right 【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法

【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法
1億人を上回る会員数を誇る楽天市場の効果もあり、楽天ペイは数あるスマホ決済の中でもNo.1の利用率を誇ります。楽天市場の魅力はクレジットカード、銀行を楽天に統一してしまうことで楽天市場でのお買い物のポイント還元率がどんどん上がっていくことです。楽天ペイも支払い用のクレジットカードとして楽天カードを登録することで最大5%還元になります。今回は楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で、普段のお買い物だけでなく楽天経済圏を攻略する方法について紹介します。
icon-caret-square-o-right 種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ

種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ
ポイントの還元率や貯まりやすさにおいて、他のクレジットカードを上回るスペックを有している楽天カード。年会費が無料のクレジットカードを基本としているので、誰でも気軽に発行できるという強みもあります。そして、楽天が提供しているあらゆるサービスと組み合わせて利用することによっても、ポイントがザクザク貯まることでも知られています。今回はそんな楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判などをもれなくまとめていきます。

楽天Edyならキャンペーン中で還元率2倍〜30倍に

楽天Edyのキャンペーン

楽天Edyが12月よりクリスマスプレゼントキャンペーンを始めています。

キャンペーン期間中にはじめて楽天Edyを利用される方はなんとポイント30倍!

200円につき30ポイントもらえるので15%還元になります。

すでに使っている方もポイント2倍になるので1%還元になります。

楽天カードからのチャージで0.5%還元になるので楽天ペイでチャージする場合と同じく1.5%還元になります。

使いやすい方を選ぶのがベターですね。



12月からの楽天ペイは還元率に注意して使おう

楽天ペイのずーっと5%還元キャンペーンが本当にずーっと続いてくれればよかったのですが、そんな美味しい状況は続かず、クリスマス前に現実を突きつけられることになりました。

12月からの楽天ペイはどう工夫しても1.5%還元程度になります。

消費税ポイント還元とあわせれば6.5%還元なので、トータルで考えれば悪くないかもしれませんが、PayPayやd払いなどはまだまだお得なキャンペーンを実施しています。

総合的に判断して、そのときに1番お得なスマホ決済を利用していくのがベストなので、よく考えて使い分けするようにしましょう。

楽天ペイの今後のキャンペーンに期待したいですね。

icon-caret-square-o-right 12月のスマホ決済のおすすめキャンペーンはこれで決まり!還元率比較でお得に使い分けよう!

12月のスマホ決済のおすすめキャンペーンはこれで決まり!還元率比較でお得に使い分けよう!
早くも師走、年の瀬が近づいてきましたが、年末のお買い物もスマホ決済を使い分けてお得に済ませたいですね。消費税ポイント還元と合わせると10%還元も狙えるので必見です。ポイントはまちかどペイペイ第2弾やd払いの生活応援キャンペーン。もちろん楽天ペイのずーっと5%還元キャンペーンも必見です。今回は12月のスマホ決済おすすめの使い分け方法についてまとめます。
icon-caret-square-o-right どれが便利?スマホ決済の入金・出金・送金・手数料でウォレット性能を比較

どれが便利?スマホ決済の入金・出金・送金・手数料でウォレット性能を比較
スマホ決済でもチャージ残高の送金や出金の機能が充実してきました。「入金」「出金」「送金」の3つが便利になるとスマホ決済アプリはデジタルウォレットのように使うことができるので、もはや生活の中で欠かすことのできないサービスになります。ここで問題になるのがサービス利用に関する手数料。特に出金にかかる手数料が気になりますよね。そこで今回はスマホ決済の入金・出金・送金について比較します。

コメント