【初心者におすすめ】使い勝手抜群&高還元率なスマホ決済3選

使い勝手抜群&高還元率なスマホ決済3選

スマホ決済っていろいろとキャンペーンもあって還元率も高いし、なにより便利そうだから使ってみたい。

でも、セキュリティとか気になるから悩んでてなかなか始められない。

スマホ決済は種類が多すぎてなにを使えばいいかわからない。

還元率が高くて使いやすいスマホ決済ってどれなんだろう?

こんな感じで悩んでいる方も多いと思います。

なんとなくハードルが高いように感じているだけで、

  • アプリをダウンロードする
  • 銀行口座やクレジットカードを登録する

これだけで簡単に始めることができます。

そこで、今回は初心者の方におすすめする使い勝手抜群で還元率も高いスマホ決済サービス3選を紹介します。

初心者におすすめするのは利用できる店舗の多いスマホ決済

スマホにクレジットカードを登録

スマホ決済は種類が多すぎてなにを使えばいいのか迷ってしまいますが、スマホ決済を始めてみたいと考えている方におすすめするのは利用できる店舗の多いスマホ決済です。

スマホ決済はそれぞれに特徴があるので、スマホ決済上級者であれば還元率の高いサービスやキャンペーンをうまく使い分けますが、初心者の方にとっては少しハードルが高くなります。

そこでまずは利用できる店舗の多いスマホ決済を選んでおくと無難です。

スマホ決済が使える店舗数

  • PayPay:約100万店舗
  • LINE Pay:100万店舗以上
  • 楽天ペイ:??

PayPayは申し込み件数込みで100万店舗の導入に成功していますし、LINE PayはAndroidのQUICK Payに対応しているため、すでに100万店舗以上の加盟店となっています。

楽天ペイはサービスが始まったばかりですので、まだ利用できる店舗数も多くはありませんが、オンラインショップでは4000店舗以上と着実に店舗数を伸ばしてきています。

楽天市場は巨大ですから、あっという間に100万店舗に到達すると予想しています。

還元率はクレジットカードよりも高いものを選べばOK

クレジットカードのブランド

スマホ決済は財布を取り出さなくてもスピーディーに支払いを済ませることができるのがメリットですが、スピードに関してはクレジットカード決済と同じくらいになります。

最低限でもクレジットカードよりも高い還元率のスマホ決済を選んでおけば損した気分にならずに済みます。

クレジットカードの還元率は低いもので0.5%、ほとんどのカードで1.0%還元となります。

なので1.0%以上の還元率のスマホ決済を選びたいですね。

私がおすすめするスマホ決済3選は、

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ

この3つのサービスになるわけですが、店舗数と還元率についてもう少し掘り下げておすすめポイントを紹介します。

PayPayはローカル店舗でも利用できるお店が多く還元率も高い

近江町市場でPayPay

PayPayはCMでもよく見かけますし、100億円還元キャンペーンの超大型キャンペーンを実施したので知らない方はいないと思います。

還元キャンペーンばかりに目が行きがちですが、PayPayでは利用店舗数も着実に増えてきています。

私たちユーザー視点で特にうれしいのはローカルな店舗での導入が進んでいることです。

たとえば、

  • 近くのケーキ屋さん
  • いきつけの美容室

こういった大型店舗ではなく個人経営のお店でも幅広く導入が進んでいるのがPayPayの特徴です。

icon-caret-square-o-right 使い方も超簡単!PayPayでクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを代用しよう!

使い方も超簡単!PayPayでクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを代用しよう!
プリペイドカードやデビットカードもキャッシュレス決済の方法として考えられますが、クレジットカードに比べればはるかに低い普及率です。そんな中、PayPayに代表されるスマートフォンを用いたキャッシュレス決済が登場してきています。今回はクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードよりもPayPayがどれくらい使いやすいのかを例に、スマホを用いたキャッシュレス決済の可能性についてまとめます。
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

PayPayチャンス対象の利用方法で還元率UP

PayPayの還元率は使い方によって変わりますが、注意してもらいたいのはPayPayチャンスの対象となる利用方法を選ぶことです。

PayPayの還元率とPayPayチャンスの適用区分はこちらの通りです。

利用方法還元率PayPayチャンス
チャージして利用3%
Yahoo!JAPANカードを登録して利用4%
Yahoo!JAPANカード以外の
クレジットカードを登録して利用
0.5%×
PayPay + kyash3.5%×

登録した銀行口座からチャージして使う場合は3%還元ですが、クレジットカードを使いたくない方や使いすぎが気になら方はプリペイドカードのように使えるのでおすすめです。

チャージでも3%還元なら悪くないのでは?

クレジットカードはYahoo!JAPANカードはクレカの還元分込みで4%還元ですが、これ以外のクレジットカードは0.5%還元になってしまうので、スマホ決済のうまみがなくなってしまいます。

<2019/9/7追記>
2019年9月6日にPayPayが消費税が増税される2019年10月より還元率を1.5%に変更すると発表しました。

還元率3.0%から1.5%への改悪なのでユーザーにとっては大ダメージです。

しかし、消費税ポイント還元と合わせてまちかどペイペイという新キャンペーンを開催するので、キャンペーン期間中の還元率は最大で11.3%と還元率変更前よりも還元額が大きくなる結果に。

これは消費税ポイント還元込みの還元率なので実際はPayPayの還元率が下がっていることには変わりはありませんが、引き続きPayPayでお得にでお買い物ができることに変わりはありません。

詳しくはこちらも記事を参照ください。

icon-caret-square-o-right 【増税の悲劇】還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更でPayPayの還元率への影響は?

【増税の悲劇】還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更でPayPayの還元率への影響は?
PayPayが消費税増税により消費税ポイント還元がはじまるタイミングに合わせて還元率を3%還元から最大1.5%還元に変更すると発表しました。Yahoo!JAPANカードを利用すれば4%還元取れていただけに、今回の還元率改悪は非常に残念です。さらに、PayPayチャンスまでも仕様変更となってしまうようです…そこで今回は、PayPayの還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更により還元率にどれくらい影響があるのかを検討してみます。

<追記終わり>

クレジットカードを使いたいならYahoo!JAPANカードを作るか、kyash経由で使った方がお得です。

 

kyashとは?kyashはVISAブランドのプリペイドカードで還元率2%。
プリペイドカードですがクレジットカードのようにスマホ決済やAmazonに登録して利用することが可能です。kyashにはクレジットカードを登録して使うのでポイントの重ねどりが可能です。

ただし、Yahoo!JAPANカード以外のクレジットカードやKyashを登録した場合はPayPayチャンスの対象ではないため、還元率で損をしてしまいます。

PayPayチャンスは1/20の確率で当選するくじのようなものですが、当選すると最大1000円の還元となります。

1/20なので当選確率は5%。

1000円以内のお買い物であれば満額キャッシュバックとなるので嬉しいですが、仮に毎回1000円のお買い物をしたとすると還元率は5%となります。

通常の還元とPayPayチャンスを組み合わせると還元率は7.85%になるのでPayPayチャンスがない場合と比べると還元率は約2倍の差となります。

icon-caret-square-o-right 【還元率3%超】PayPayやOrigami PayにKyashをクレジットカード登録してポイント重ねどりする方法

【還元率5%超】PayPayやOrigami PayにKyashをクレジットカード登録してポイント重ねどりする方法
キャッシュレス決済はクレジットカード決済に近いので、ポイント還元率も気になりますよね。これからはキャッシュレス決済の時代です。特におすすめしたいのがVISAブランドのKyash(キャッシュ)というプリペイドカードを利用してPayPayやOrigami Payで決済する方法です。その還元率は3%超ですので要チェックです。
icon-caret-square-o-right PayPayのポイント還元率が3%にアップして実質4%還元に!その他のキャッシュレス決済と比べるとどうなの?

PayPayのポイント還元率が3%にアップして実質4%還元に!その他のキャッシュレス決済と比べるとどうなの?
2019年5月8日より、PayPayの支払いで還元されるポイントが0.5%から3%にアップします。早くも消費税増税を織り込む形となった PayPayの還元率ですが、LINE Payや楽天ペイなどのその他のキャッシュレス決済サービスと比較するとどうなの?ということで、今回は PayPayとその他キャッシュレス決済サービスの利用金額に対する還元率を比較してみます。
icon-caret-square-o-right PayPayの還元率にこだわりたいならYahoo!JAPANカード一択で決まり

PayPayの還元率にこだわりたいならYahoo!JAPANカード一択で決まり
PayPayでは利用額の0.5%がPayPay残高として還元されますが、キャンペーンでも優遇されることの多いのがYahoo!JAPANカードです。とにかく還元率にこだわってクレジットカード選びをしたいのであれば Yahoo! JAPANカード一択ですので、Yahoo!JAPANカードのメリット・デメリットについてまとめました。


LINE PayはQUICK Payで利用できるが還元率はイマイチ

LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
開発元:LINE Pay Corporation
posted withアプリーチ

LINE PayもPayPayと同じように利用できる店舗の数は100万店舗を越えています。

ただし、これはAndroidではおサイフケータイの機能でQUICK Payに登録して利用することができるからです。

QUICK Payであればコンビニだけでなく様々な店舗で利用することができて、なおかつスマホ決済よりもスピーディに支払いを済ませることが可能です。

LINE Payは2019年8月現在では紐づけした銀行口座からやコンビニ店頭での現金チャージでしか利用することができません。

チャージ残高以内でしか決済ができないプリペイド式のため、使い過ぎが気になる方に向いています。

マイカラーでの還元はあるが最大2%と控えめ

LINE Pay マイカラーポイント

還元率1ヶ月当たりの決済金額
グリーン2%10万円以上
ブルー1%5万円~9万9999円以上
レッド0.8%1万円~4万9999円以上
ホワイト0.5%0円~9999円以上

LINE Payの還元率はマイカラーに基づいて決定されますが、ホワイトで0.5%、グリーンでも2.0%還元に過ぎず、他のスマホ決済に比べると控えめな還元率となっています。

スマホ決済として利用するのであればせめてクレジットカード以上の還元率は欲しいです。

1ヶ月間の決済金額が5万円以上でブルーとなるので還元率1%と考えるとLINE Payで還元率を求めるのは厳しいですね。

icon-caret-square-o-right 3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りしよう!

3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?
2020年5月からは一般予約が開始される予定のLINE Pay VISAカード。LINE Pay VISAカードは初年度還元率が3%と破格の還元率が魅力です。年会費も普通に使っていればかからないので嬉しいばかり!そんなLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させることでスマホ決済最高峰の還元率になるのでとにかくオススメです。今回は3%還元のLINE Pay VISAカードをスマホ決済などと連携させてさらにお得に利用するおすすめの方法を紹介します。
icon-caret-square-o-right LINE PayボーナスはLINE Payカードや請求書払い・QUICKPay+に使えない!マイカラープログラム改悪で還元率が悪化します!

LINE PayボーナスはLINE Payカードや請求書払い・QUICKPay+に使えない!マイカラープログラム改悪で還元率が悪化します!
LINE PayのマイカラープログラムがLINEポイント からLINE Payボーナスの付与に変更となります。LINE Payボーナスは、LINE Payカードや請求書払い・QUICKPay+で使えない仕様になっているので、実質的な改悪となります。LINEポイントとLINE Payボーナスの違いがよくわからない方もいると思いますので、今回のマイカラープログラム変更でどのような影響があるのかと合わせて確認しましょう。

LINE Payだけが請求書支払い可能

請求書の支払い
LINE Payは利用可能な店舗数は多いですが、還元率は最大でも2%なので、PayPayが使えるのであればPayPayの方がお得です。

しかし、LINE Pay唯一のサービスの請求書支払いは銀行やコンビニに行かなくても、その場で支払いを済ませることができるのでとても便利です。

この請求書支払いだけは他社スマホ決済にもないサービスです。

請求書支払いもマイカラーに基づいて還元されますので、現金支払いしかできない請求書支払いが少しだけお得になりますよ。

icon-caret-square-o-right 1分で終わる!LINE Payの請求書支払いの方法や還元率・注意点を詳しく解説

1分で終わる!LINE Payの請求書支払いの方法や還元率・注意点を詳しく解説
LINE Payのうれしい機能に請求書払いがあります。自宅にいながら公共料金などの請求書の支払いを済ませることができるので非常に楽チンですし、クレジットカードで支払うことのできない請求書の支払いをLINE Payですることにより、マイカラーのポイント還元も受けることができます。今回はついついコンビニなどで済ませてしまいがちな請求書の支払いをLINE Payで済ませる方法と還元率や注意点について紹介します。


楽天ペイは楽天ユーザー優遇でNo.1の還元率を誇る

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
posted withアプリーチ
楽天ペイはサービスを開始して間もないため利用できる店舗は多くありません。

しかし、楽天市場は巨大ですしユーザー数もPayPayやLINE Payは足元にも及びません。

楽天ペイは楽天カードと紐付けすることで5%還元になります。

さらに楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることで還元率は7%にもなるためPayPayチャンス込みの還元率に負けず劣らずの高還元率となります。

そして楽天カードと楽天銀行を持っているのであれば、楽天市場のお買い物も5%還元ですし、アプリ経由であれば5.5%還元となります。

楽天は楽天サービスを利用すればするほど還元率が高くなっていくのが特徴なので、楽天市場でお買い物をする方は楽天ペイも活用することで、効率的にポイントを獲得することができます。

icon-caret-square-o-right 【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法

【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法
1億人を上回る会員数を誇る楽天市場の効果もあり、楽天ペイは数あるスマホ決済の中でもNo.1の利用率を誇ります。楽天市場の魅力はクレジットカード、銀行を楽天に統一してしまうことで楽天市場でのお買い物のポイント還元率がどんどん上がっていくことです。楽天ペイも支払い用のクレジットカードとして楽天カードを登録することで最大5%還元になります。今回は楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で、普段のお買い物だけでなく楽天経済圏を攻略する方法について紹介します。
icon-caret-square-o-right 種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ

種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ
ポイントの還元率や貯まりやすさにおいて、他のクレジットカードを上回るスペックを有している楽天カード。年会費が無料のクレジットカードを基本としているので、誰でも気軽に発行できるという強みもあります。そして、楽天が提供しているあらゆるサービスと組み合わせて利用することによっても、ポイントがザクザク貯まることでも知られています。今回はそんな楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判などをもれなくまとめていきます。

楽天ペイのアプリではポイントカードも一体型になるためキャッシュレス&カードレスに

楽天市場のポイントカードといえば楽天ポイントカードですが、楽天ペイの決済の時に楽天ポイントカードも提示してポイント重ね取りが可能な場合があります。

そんな時に、支払いはスマホでサクッと済ませることができるのに、わざわざポイントカードを取り出していたらなんのためのスマホ決済なのかわからなくなりますよね?

楽天ペイはその辺もしっかりと考慮されているので、楽天ペイのアプリ内にポイントカードもモバイル化されています。

このため、アプリを立ち上げればポイントカードの提示もできるし支払いも済ませることができます。

キャッシュレスだけでなくカードレスにまで貢献してくれるので使いやすいアプリになっています。

icon-caret-square-o-right スマホ決済するならポイントカードもモバイル化してキャッシュレス&カードレスに!

スマホ決済するならポイントカードもモバイル化してキャッシュレス&カードレスに!
スマホ決済が普及してきたことにより、お買い物の際に財布を取り出す機会が減ってきましたね。でも、スマホ決済は使っているのにポイントカードを提示している方はいませんか?ポイントカードを提示することで還元率が0.5〜1.0%程度UPするので、ポイントカードの提示はおてがる決済という点では真逆をいってしまうんですよね。だからスマホ決済を使うのであればポイントカードのモバイル化もしておきたいですね。今回はスマホ決済するなら忘れずにしておきたいモバイル化できるポイントカードについてまとめます。

初心者におすすめのスマホ決済まとめ

今回はスマホ決済を始めてみたいけど始められていない方におすすめする初心者向けのスマホ決済を紹介しました。

PayPayもLINE Pay・楽天ペイも有名どころのスマホ決済なのでご存じだったと思いますが、使い始めは利用できる店舗の多いスマホ決済がベストです。

個人的見解ではありますが、店舗数と還元率を込みで考えるとPayPayが1番おすすめです。

LINE Payも使える状態にしてQUICK Payに登録までしておけばほとんどの決済をスマホ決済にすることも可能になります。

楽天ユーザーは楽天ペイで始めてみると楽天ペイ自体の還元率も高い状態で利用できるのでポイント効率もよくなります。

最後にもう1度念押ししておきますが、LINE Payは利用できる店舗も多く、ほとんどの方がLINEを使っているので使い始めやすいと思いますが、メインで使うのであればPayPay一択でいいと思います。

あくまでも使いやすさ&始めやすさをメインに還元率もあわせて検討した結果ですので、使い慣れてきたら他のスマホ決済のキャンペーンなどをうまく利用してさらに還元率を高めていくことも可能です。

スマホ決済はまだはじまったばかりなのでキャンペーンも豊富です。

今から始めておいて損はないので、まずはダウンロードするところから始めてみましょう。

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ
icon-caret-square-o-right 【必読】クレジットカードよりもスマホ決済をオススメするセキュリティ上の理由

【必読】クレジットカードよりもスマホ決済をオススメするセキュリティ上の理由
スマホ決済に限らず、キャシュレス化がどんどん進んでいますが、実際のところはスマホ決済を使わなくてもクレジットカードでいいんじゃないの?と感じている方がたくさんいるんじゃないかと思います。私もスマホ決済を実際に使うまではクレジットカードでいいんじゃないかと思っていました。しかし、今なら間違いなくスマホ決済の方がオススメだと断言できます。今回はスマホ決済まとめログ運営者も認めるクレジットカードよりもスマホ決済をオススメする理由について紹介します。
icon-caret-square-o-right スマホ決済のキャンペーン抜き還元率の比較ランキングをまとめてみたよ!

スマホ決済のキャンペーン抜き還元率の比較ランキングをまとめてみたよ!
PayPayやLINE Payの大型還元キャンペーンも一息ついて、スマホ決済も通常営業に移ろうとしています。そうなるとスマホで支払いをしたい場面で都合よくキャンペーンが行われているとも限らないので、やはり通常営業のスマホ決済の還元率について把握しておくことが大事です。そこで今回はスマホ決済のキャンペーン抜き還元率の比較ランキングをまとめてみましたのでごらんください。
icon-caret-square-o-right Amazonの支払いはAmazonクラシックとkyash・LINE Payカードのどれが1番お得なのか比較してみた!

Amazonの支払いはAmazonクラシックとkyash・LINE Payカードのどれが1番お得なのか比較してみた!
Amazonでの支払いはAmazon Mastercardクラッシックを使っている方もいるかと思います。他にもプリペイドカードのkyashやLINE Payカードも登録できるので、Amazonのお支払いには意外と選択肢が多いのが特徴です。Amazonでのお買い物が暮らしの一部になっている方も多いと思いますので、還元率の高いお支払い方法で少しでも節約したいですね。そこで、今回はAmazon MasterCardクラッシックとkyash・LINE PayカードでAmazonでのお買い物の還元率を比較します。


コメント