消費税ポイント還元を即時値引き!大手コンビニ3社はスマホ決済で10%還元が達成できるか?

消費税ポイント還元を即時値引き!大手コンビニ3社はスマホ決済で10%還元が達成できるか?

2019年10月からはいよいよ消費税が8%から10%に引き上げられます。

増税前に欲しいものを買って増税分の節約をしておきたいところですが、身近なコンビニでのお買い物は消費税8%のままお買い物ができるようになりました。

大手コンビニの、

  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

では、10月からの増税に合わせて開始されるキャッシュレス決済へのポイント還元2%分を即時還元、つまり支払いの際に2%割引で販売することを発表しました。

注目すべきなのは、即時還元を発表したのはコンビニという点です。

楽天ペイやPayPayは10月以降も還元率UPキャンペーンを継続する見込みですので、最大還元率が10%に達するのではないか?という期待が膨らんできましたね!

<2019/9/7追記>
残念ながらPayPayの還元率が10月より改悪というプレスリリースがでました。

PayPayはPayPayチャンス込みで10%還元を達成できる見込みでしたが、残念ながら淡い夢と消えてしまいした。

しかし、新キャンペーンの「まちかどペイペイ第1弾」が開催される予定となっており、消費税ポイント還元とあわせて10%還元になります!

PayPayチャンスも仕様変更されますがなくなるわけではないため、還元率は無事10%越えをキープできそうです。


icon-caret-square-o-right 【増税の悲劇】還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更でPayPayの還元率への影響は?

【増税の悲劇】還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更でPayPayの還元率への影響は?
PayPayが消費税増税により消費税ポイント還元がはじまるタイミングに合わせて還元率を3%還元から最大1.5%還元に変更すると発表しました。Yahoo!JAPANカードを利用すれば4%還元取れていただけに、今回の還元率改悪は非常に残念です。さらに、PayPayチャンスまでも仕様変更となってしまうようです…そこで今回は、PayPayの還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更により還元率にどれくらい影響があるのかを検討してみます。

PayPayは残高3%/Yahoo!JAPANカードで4%還元なので最大9%還元に!

PayPay いつでも3%還元

PayPayでは2019年5月8日より、従来の0.5%から3%に還元率を引き上げています。

引き上げ後の3%還元については終了期日は発表されていませんので、増税後も継続されることが予想されます。

お支払い方法毎日のお買い物お買い物ごとにPayPayチャンス
・PayPay残高
・Yahoo!マネー
・Yahoo!JAPANカード
3%20回に1回の確率で当選
その他のクレジットカード0.50%対象外
付与上限15000円相当/回
30000円相当/月
1000円相当/回
30000円相当/月

3%還元を受けるためにはPayPay残高やYahoo!マネー、Yahoo!JAPANカードを利用する必要があります。

Yahoo!マネーはPayPayに統合されるため、PayPay残高とYahoo!JAPANカードの利用が条件と考えてください。

Yahoo!JAPANカードはクレジットカード決済による1%還元も上乗せされますので、4%還元になります。

ここに消費税ポイント還元の2%還元がさらに上乗せされるので、中小企業対象店舗であれば5%還元、フランチャイズ店舗であれば2%還元となるため、最大で9%還元となります。

ここまでいくと消費税は実質4%になるので、PayPayを利用することですでに懐かしくなってきた消費税5%の時代よりも低くなりますね!

ちなみに、PayPayチャンスはワクワクペイペイでは、

  • Yahoo!プレミアム会員
  • ソフトバンクユーザー
  • ワイモバイルユーザー

についは当選確率が1/10になっているのでさらにチャンスというわけです。

PayPayチャンス込みで考えると上記特定ユーザーについては15%還元、それ以外のユーザーの方でも10%還元になるので見事10%還元達成となります。

常時10%還元となるようなものですので、使わない手はありませんね。

icon-caret-square-o-right PayPayのポイント還元率が3%にアップして実質4%還元に!その他のキャッシュレス決済と比べるとどうなの?

PayPayのポイント還元率が3%にアップして実質4%還元に!その他のキャッシュレス決済と比べるとどうなの?
2019年5月8日より、PayPayの支払いで還元されるポイントが0.5%から3%にアップします。早くも消費税増税を織り込む形となった PayPayの還元率ですが、LINE Payや楽天ペイなどのその他のキャッシュレス決済サービスと比較するとどうなの?ということで、今回は PayPayとその他キャッシュレス決済サービスの利用金額に対する還元率を比較してみます。

PayPayの還元率は増税のタイミングで最大1.5%還元に改悪される

お支払い方法2019/9/30までの還元率2019/9/30以降の還元率
PayPay残高
Yahoo!JAPANカード
3% (※1)1.5% (※2)
Yahoo!JAPANカード以外の
クレジットカード
0.5% (※1)対象外
※1_1回当たりの付与上限15,000円、1ヶ月当たりの付与上限はサービス特典合計で30,000円相当
※2_1回当たりの付与上限7500円、1ヶ月当たりの付与上限はサービス特典合計で15,000円相当

2019年9月6日のプレスリリースで、PayPayの還元率を増税開始の10月より最大1.5%還元に改悪すると発表されました。

消費税増税と同じタイミングでキャッシュレス決済を対象とした消費税ポイント還元もはじまるため、PayPayの還元率にくわえてこのポイント還元分も戻ってくると考えていたのでかなりの痛手となりました。

さらにPayPayチャンスも仕様変更となってしまうため、PayPayチャンス込みの還元率は最大2.8%となってしまいました。

これまでの還元率はPayPayチャンス込みで9%となっていたため、9% → 2.8%はかなりの還元率ダウンとなってしまいますね。

まちかどペイペイで消費税ポイント還元とあわせて還元率10%キャンペーンがはじまる

PayPayも還元率改悪で残念な展開かな…と思っていましたが、還元率の変更と同時に「まちかどペイペイ」のキャンペーンも発表しました。

まちかどペイペイは中小・小規模事業者が経営する消費税ポイント還元の対象店舗を対象として開催されます。

このため、

  • PayPay利用による還元:1.5%
  • まちかどペイペイによる還元:3.5%
  • 中小規模店舗の消費税ポイント還元:5%
  • 合計還元率:10%

と、まちかどペイペイ開催期間中は10%還元を受けることができます。

サービスを改悪するだけではなく、一応はキャンペーンで還元率を継続してくれる形になったのでほっとしましたね。

ここに仕様変更後のPayPayチャンスも加味して還元率を計算すると11.3%還元となります。

まちかどペイペイありきの還元率ではありますが、PayPayは消費税以上の還元率で利用することができるので、引き続きPayPayがおいしいスマホ決済といえますね!

まちかどペイペイ第2弾はPayPayチャンス型の10%還元キャンペーン

まちかどペイペイ第2弾

まちかどペイペイ第1弾は終了し、12月からはまちかどペイペイ第2弾がはじまっています。

今回はPayPayチャンス型の還元となっており、1/20の確率で最大1000円分のPayPayボーナスライトがもどってきます。

1/20なので5%の確率となりますね。

消費税ポイント還元とあわせると最大還元率は11.4%になるので12月からもPayPayはおすすめですよ。

icon-caret-square-o-right 【増税の悲劇】還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更でPayPayの還元率への影響は?

【増税の悲劇】還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更でPayPayの還元率への影響は?
PayPayが消費税増税により消費税ポイント還元がはじまるタイミングに合わせて還元率を3%還元から最大1.5%還元に変更すると発表しました。Yahoo!JAPANカードを利用すれば4%還元取れていただけに、今回の還元率改悪は非常に残念です。さらに、PayPayチャンスまでも仕様変更となってしまうようです…そこで今回は、PayPayの還元率改悪&PayPayチャンス仕様変更により還元率にどれくらい影響があるのかを検討してみます。

今ならPayPayはじめ特典で1000円分のPayPayボーナスがもらえる

PayPayはじめ特典

今ならPayPayを新規登録してから1週間以内にチャージ用の銀行口座を登録することで1000円分のPayPayボーナスがもらえます。

PayPayボーナスの利用でも還元を受けることができますので、1000円分が1100円分になると思ってください。

PayPayをまだダウンロードしていない方はタダで1000円分のお買い物ができるので絶好のチャンスですね。

まだ登録していない方が羨ましいです。(笑)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ





楽天ペイは6%還元に5%上乗せで最大11%還元に

楽天ペイでポイントをためる

楽天ペイは使用するクレジットカードを楽天カード、引き落とし口座を楽天銀行にすることで6%還元になります。

ただし、楽天サービスに集約して6%還元になるので、他のクレジットカードを利用する場合は還元率が下がってしまう点には注意が必要です。

楽天カードは使わない・持っていないという方はVISAブランドのプリペイドカードKyashを登録してポイントの3重取りをすることで還元率は3.5%になります。

しかし、このKyashも2019年10月より還元率が2%からリアルカードを有効化している方で1%還元、バーチャルカードのみの方は0.5%還元に改悪となりました。

このため、ポイントの3重取りをしても還元率は最大で2.5%に低下してしまいました。

そこに消費税ポイント還元の5%還元もしくは2%還元が上乗せされるので最大で11%還元になります。

PayPayは還元率改悪を発表しましたので、まちかどペイペイのキャンペーンが開催されていなければ楽天ペイがもっとも還元率の高いスマホ決済になりましたね!

まちかどペイペイ開催中でもPayPayチャンス込みの還元率は11.3%なので、楽天ペイのみの利用に統一してみてもいいかもしれませんね。

増税後は消費税ポイント還元関係なしで5%還元に

 消費税ポイント還元楽天ペイの利用合計
2%還元対象店舗2%還元3%還元5%還元
5%還元対象店舗5%還元還元なし
還元対象外店舗還元なし5%還元
還元上限5%:25000ポイント/回
2%:10000ポイント/回
30002000ポイント/期間 

増税後の楽天ペイは最大5%還元となりますが、これは消費税ポイント還元コミコミでの還元率となります。

つまり、消費税ポイント還元の5%還元の対象店舗では楽天ペイからの還元はありません。

これは改悪ですが、2%還元の店舗では楽天ペイは3%還元で合計5%の還元です。

さらに消費税ポイント還元の対象外の店舗であっても5%分の還元を楽天ペイがしてくれます。

どこで使っても5%還元になるのはこういった仕組みになっています。

ずーっと5%還元キャンペーンとして行われるこのキャンペーンですが、第1弾では対象期間中の還元上限は3000ポイント分となっていました。

12月は5%還元の本キャンペーンはお休みで、なんと楽天ペイの利用自体の還元はゼロになってしまうことが判明。

落差がとんでもないですが、2020年1月からはまたずーっと5%還元キャンペーンが再開します。

第2弾でも還元内容は全く同じですが、期間中の還元上限が2000円に改悪されています。

4万円分のお買い物をした時点で上限に到達してしまうので注意しながら利用するようにしましょう。

icon-caret-square-o-right 12月からの楽天ペイの還元率は通常営業!覚えておきたい還元率の変更内容

12月からの楽天ペイの還元率は通常営業!覚えておきたい還元率の変更内容
楽天ペイのずーっと5%還元キャンペーンは2019年12月1日で終了してしまいました。12月2日以降もキャンペーンが継続するかな、と期待していましたがまさかの通常営業という残念な展開になっています。還元率の変更に気づかずに使い続けていると、あとで「なんか還元が少ない気がする」なんて形で気づいて損した気分になりかねません。今日からしっかりと対応するためにも2019年12月2日からの楽天ペイの使い方についてチェックしましょう。
icon-caret-square-o-right 【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法

【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法
1億人を上回る会員数を誇る楽天市場の効果もあり、楽天ペイは数あるスマホ決済の中でもNo.1の利用率を誇ります。楽天市場の魅力はクレジットカード、銀行を楽天に統一してしまうことで楽天市場でのお買い物のポイント還元率がどんどん上がっていくことです。楽天ペイも支払い用のクレジットカードとして楽天カードを登録することで最大5%還元になります。今回は楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で、普段のお買い物だけでなく楽天経済圏を攻略する方法について紹介します。
icon-caret-square-o-right 種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ

種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ
ポイントの還元率や貯まりやすさにおいて、他のクレジットカードを上回るスペックを有している楽天カード。年会費が無料のクレジットカードを基本としているので、誰でも気軽に発行できるという強みもあります。そして、楽天が提供しているあらゆるサービスと組み合わせて利用することによっても、ポイントがザクザク貯まることでも知られています。今回はそんな楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判などをもれなくまとめていきます。

Origami Payも消費税ポイント還元込みで最大8%の高還元に

Origami Pay-いつでもその場で3%OFF

Origami Payはマイナーなスマホ決済ですが還元率はPayPayや楽天ペイに負けていません。

2019年10月1日より、クレジットカード決済の還元率が引き下げられましたが、それでも3%還元はキープしているので優秀です。

Origami Payの最大の特徴は還元ではなく即時値引きでお買い物できる点にあります。

銀行口座と紐づけて利用することで常時3%還元、クレジットカードの場合は1%還元になりますが、Kyashにクレジットカードを登録することで最大3%還元になります。

Origami Payを利用するのであればKyashを登録して使うことで還元率がお得になります。

ここに消費税ポイント還元の5%還元を上乗せすると最大で8%還元になります。

8%還元のうち、3%は即時還元なので他のスマホ決済に比べて支払うお金が少なくて済むのも嬉しいところですね。

Origami Payも10月以降で還元内容を変更。クレジットカードの還元率が1%に

安定感のある還元内容が売りだったOrigami Payも2019年10月の増税以降で還元内容を変更しています。

  • 金融機関口座からの支払い:3%OFFで変更なし
  • クレジットカード/プリペイドカードからの支払い:3%OFFから1%OFFに改悪

金融機関口座からの支払いであれば還元内容に変更はありませんが、クレジットカードやプリペイドカードを登録しての支払いに関しては3%OFFから1%OFFに改悪されてしまいました。

Origami Payのおすすめの使い方はVISAブランドのプリペイドカードであるKyashを連携させてポイント3重取りすることでしたが、3重取りしても還元率は3%程度にとどまることなります。

それでも他のスマホ決済と比べると還元率は高く設定されていますのでおすすめであることに変わりありません。

消費税ポイント還元とあわせて8%還元になるので、PayPayや楽天ペイのすきまを埋める形で利用するのがベターです。

icon-caret-square-o-right Origami Payも還元率変更。変更内容と気を付けたい支払い方法と還元率

Origami Payも還元率変更。変更内容と気を付けたい支払い方法と還元率
2019年10月1日からの消費税増税に合わせてOrigami Payの還元率が変更されます。Origami PayはKyashと組み合わせて利用することで少なくとも5%還元を達成することができる高還元率なスマホ決済でしたが、Origami Payの還元率変更とKyashの還元率変更があわさったことにより還元率が4割減という悲しい結果になります。今回はOrigami Payの還元率変更内容と気を付けたい支払い方法についてまとめます。
icon-caret-square-o-right 【還元率3%超】PayPayやOrigami PayにKyashをクレジットカード登録してポイント重ねどりする方法

【還元率5%超】PayPayやOrigami PayにKyashをクレジットカード登録してポイント重ねどりする方法
キャッシュレス決済はクレジットカード決済に近いので、ポイント還元率も気になりますよね。これからはキャッシュレス決済の時代です。特におすすめしたいのがVISAブランドのKyash(キャッシュ)というプリペイドカードを利用してPayPayやOrigami Payで決済する方法です。その還元率は3%超ですので要チェックです。
icon-caret-square-o-right 即時値引きが嬉しい!Origami Payを実際使ってみてわかったメリット・デメリット

即時値引きが嬉しい!Origami Payを実際使ってみてわかったメリット・デメリット
最近はスマホ決済がどんどん登場してきていますが、忘れてもらっては困るのがOrigami Payです。私も数種類のスマホ決済を使い分けていますが、Origami Payは即時値引きが嬉しいですし、Kyashとの連携で還元率は最大5.2%になるのでお得感も十分です。今回は普段から実際に使っていて感じたOrigami Payのメリットやデメリットを紹介します。

d払いのコンビニ限定10%還元キャンペーンで最大12.8%還元に

コンビニもd払いで10%還元

d払いは2019年12月、クリスマスシーズンに入ってから怒涛の還元祭りを開催しています。

その中の1つがコンビニ限定10%還元キャンペーンです。

コンビニでd払いでのお買い物が10%還元になる超お得なキャンペーンですが、コンビニは消費税ポイント還元分を即時還元=2%OFFで販売しているため、これを加味すると12.8%還元になります。

まちかどペイペイのような1/20の確率勝負ではなく、毎回しっかりと10%還元してくれるので安定感は抜群です。

12月はd払いを利用するのが1番おすすめですね。

icon-caret-square-o-right 12月はd払いが熱い。ファミマも他のコンビニもトイザらスやエディオンまで還元祭り実施中!祭りの詳細をまとめてみたよ!

12月はd払いが熱い。ファミマも他のコンビニもトイザらスやエディオンまで還元祭り実施中!祭りの詳細をまとめてみたよ!
2019年12月3日より、ファミリーマートでファミペイにdポイントを連携させてスキャンすることで20%還元となるキャンペーンがはじまりました。d払いはファミペイとの連携キャンペーンだけでなく、コンビニのお買い物が10%還元、トイザらスで20%還元、エディオンでポイント30倍、dポイント3倍キャンペーンなど、とにかく12月はぎゅっと詰め込んでを還元祭を開催しているので、はっきり言ってこれまでのスマホ決済還元祭りの中でも最高峰の還元率になっています。今回はd払いの12月還元祭りをフル活用するために必要な情報をまとめましたのでご一読ください。

消費税増税前にスマホ決済をダウンロードしよう!

大手コンビニ3社からの消費税増税前のサプライズ発表で2019年10月以降もコンビニでは増税前の価格でお買い物ができるようになりました。

さらにスマホ決済各社の還元サービスも加わるため、消費税5%の頃どころかPayPay・楽天ペイに至っては消費税分すべて戻ってくる還元率になることも判明しました。

PayPayはPayPayチャンスが優秀すぎるのですが、意外とPayPayチャンス分の還元は忘れ去られてしまっていますよね。

個人的な試算ではPayPayが1番還元率が高いスマホ決済なのでおすすめ…と思っていましたが、PayPayの還元率が改悪されてしまったので楽天ペイがもっとも安定感のあるスマホ決済になりましたね!

とはいえ、PayPayもまちかどペイペイのキャンペーン時は最大11.3%還元ともっとも高い還元率を誇ります。

増税後もお得にお買い物を楽しむためにもスマホ決済をダウンロード&登録まで済ませてしまいましょう!

icon-caret-square-o-right 【初心者におすすめ】使い勝手抜群&高還元率なスマホ決済3選

【初心者におすすめ】使い勝手抜群&高還元率なスマホ決済3選
スマホ決済っていろいろとキャンペーンもあって還元率も高いし、なにより便利そうだから使ってみたい。でも、セキュリティとか気になるから悩んでてなかなか始められない。スマホ決済は種類が多すぎてなにを使えばいいかわからない。還元率が高くて使いやすいスマホ決済ってどれなんだろう?こんな感じで悩んでいる方も多いと思います。なんとなくハードルが高いように感じているだけで、アプリをダウンロードする・銀行口座やクレジットカードを登録する これだけで簡単に始めることができます。そこで、今回は初心者の方におすすめする使い勝手抜群で還元率も高いスマホ決済サービス3選を紹介します。
icon-caret-square-o-right 【必読】クレジットカードよりもスマホ決済をオススメするセキュリティ上の理由

【必読】クレジットカードよりもスマホ決済をオススメするセキュリティ上の理由
スマホ決済に限らず、キャシュレス化がどんどん進んでいますが、実際のところはスマホ決済を使わなくてもクレジットカードでいいんじゃないの?と感じている方がたくさんいるんじゃないかと思います。私もスマホ決済を実際に使うまではクレジットカードでいいんじゃないかと思っていました。しかし、今なら間違いなくスマホ決済の方がオススメだと断言できます。今回はスマホ決済まとめログ運営者も認めるクレジットカードよりもスマホ決済をオススメする理由について紹介します。
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

コメント