おすすめの組み合わせ!楽天ペイはLINE Pay VISAカードとkyashで最大9%還元をポイント重ねどりできる!

おすすめの組み合わせ! 楽天ペイはLINE Pay VISAカードとkyashで 最大9%還元のポイント重ねどり

2019年10月の消費税増税にあわせてPayPayやkyashなどの還元率改悪が行われました。

楽天ペイも還元率の変更がありましたが、改悪という内容ではなく、むしろ攻めた改編といった印象です。

消費税ポイント還元の制度もはじまって、どのスマホ決済を使えばよいのかますますわかりにくくなってきています。

私個人の感想としては迷ったら楽天ペイを使っておけばOKという結論に至りました。

楽天ペイにkyashを紐付けてのポイント重ね取りは今でも有効ですし、申し込みの始まったLINE Pay VISAカードと組み合わせれば驚愕の還元率9%が達成できます。

今回は増税後も引き続きおすすめなスマホ決済の楽天ペイにkyashとLINE Pay VISAカードを組み合わせた高還元率プランについてまとめます。

楽天ペイにおすすめ!kyash×LINE Pay VISAカードで最大9%還元

楽天ペイ-全店舗対象5%還元

2019年10月までの楽天ペイはクレジットカードとして楽天カードを登録した場合のみ5%還元、その他のクレジットカードの場合は0.5%還元でした。

しかし、増税以降はどのクレジットカードを利用しても5%還元となりました。

  • 楽天ペイ:5%還元
  • kyash:1%還元
  • LINE Pay VISAカード:3%還元
  • 合計:9%還元

ただし、消費税ポイント還元の対象店舗であっても5%還元なので、5%還元の店舗においては還元はクレジットカード決済分のみとなってしまうデメリットはあります。

それでもkyashとkyashに登録したLINE Pay VISAカードの還元だけで4%還元は還元されることになるのでとにかくお得ですね!

icon-caret-square-o-right 改悪・改善入り乱れ!楽天ペイの還元率変更で気を付けるべき変更内容と注意点

改悪・改善入り乱れ!楽天ペイの還元率変更で気を付けるべき変更内容と注意点
2019年9月12日に楽天ペイが消費税増税後の還元率の変更を発表しました。Kyash・PayPayに続く還元率変更の発表なので正直嫌な予感しかしませんでしたが、楽天ペイの還元率の変更は改善と改悪が入り乱れていました。しかも、発表内容を読んでみても非常にわかりにくい。そこで今回の変更を受けて、楽天ペイの還元率がどのように変わるのかと利用する上での注意点についてまとめます。

LINE Pay VISAカードは初年度のみ3%還元の超高還元率のクレジットカード

LINE Pay VISAカードはその名の通り、LINEが発行するクレジットカードです。

初年度のみではありますが、LINE Pay VISAカードの還元率は3%と他のクレジットカードを寄せ付けない超高還元となっています。

2年目以降の還元率は現在の時点では未定ですが、1%還元以上であればそのまま使い続けても悪くない還元率です。

また、2年目以降は年会費がかかりますが、前年に1回でもクレジット決済の利用があれば年会費は無料になるので、それほど気にする必要もないでしょう。

LINE Pay VISAカードは現在申し込み受付中ですので、まだの方は申し込みを済ませてしまいましょう!

icon-caret-square-o-right 3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りしよう!

3%還元のLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させてポイント重ね取りできる?
2020年5月からは一般予約が開始される予定のLINE Pay VISAカード。LINE Pay VISAカードは初年度還元率が3%と破格の還元率が魅力です。年会費も普通に使っていればかからないので嬉しいばかり!そんなLINE Pay VISAカードはkyashやLINE Payカードと連携させることでスマホ決済最高峰の還元率になるのでとにかくオススメです。今回は3%還元のLINE Pay VISAカードをスマホ決済などと連携させてさらにお得に利用するおすすめの方法を紹介します。


kyashはリアルカードの発行で1%還元になるので忘れずに

Kyashポイント

kyashも増税前に還元率の改悪が行われました。

  • 増税前:2%還元
  • 増税後のリアルカード:1%還元
  • 増税後のバーチャルカード:0.5%還元

kyashはオンラインで発行することのできるVISAブランドのプリペイドカードですが、バーチャルカードについては残念なことに0.5%還元とかなり抑えられてしまいました。

リアルカードと呼ばれる実際のカードタイプのkyashについては還元率1%となっているので、バーチャルカードの2倍の還元を受けることができます。

kyashはクレジットカードを連携させて使うだけで還元率を上乗せすることができる裏技カードです。

もちろん、発行手数料はかかりませんので持っておいて損はないですよ!

還元率の高いリアルカードの発行がおすすめです!

icon-caret-square-o-right 【解説】Kyashのリアルカードとバーチャルカードの違いをわかりやすく比較してみた!

【解説】Kyashのリアルカードとバーチャルカードの違いをわかりやすく比較してみた!
いつでもお買い物金額の2%を還元してくれるうれしいアプリ「Kyash」ですが、kyashにはリアルカードとバーチャルカードの2種類があるので、どっちを使うのが便利なのか気になりますよね。それぞれにメリットがあるのでしっかりと理解しておきたいところ。今回はKyashのリアルカードとバーチャルカードの違いをわかりやすく比較してみます。
icon-caret-square-o-right Kyashポイント開始で還元率への影響は?Kyashポイントの特徴や注意点まとめ

Kyashポイント開始で還元率への影響は?Kyashポイントの特徴や注意点まとめ
VISAブランドのプリペイドカードで使い勝手のよいKyashが2019年10月よりKyashポイントのサービスを開始します。お?なんかもっとサービスが向上するの?と思った方は残念ながら反対です。Kyashポイントの開始により、これまでの2%還元が最大1%還元に改悪されてしまいます。ただし、デメリットばかりではなく相変わらずお得なカードであることは間違いありませんのでご安心を。今回はKyashポイント開始による還元率への影響やKyashポイントの特徴・注意点についてまとめます。

楽天ペイはSPUには関係がないので楽天カードを使わなくてもOK

楽天経済圏は楽天サービスに特化することで楽天市場でのお買い物がとてもお得になります。

たとえば楽天のお支払いを楽天カードで済ませることでSPUは2倍、つまり2%還元になります。

こういった特徴があるので楽天ペイも楽天カードで支払った方が恩恵が大きいように思えますが、増税前の還元率改編時に楽天カード以外のクレジットカードでも5%還元される仕様になりました。

つまり、楽天ペイは楽天に特化させるよりも多くの方に使ってもらうことを選んだことになります。

この仕様変更のおかげでkyashを紐付けしてLINE Pay VISAカードを登録することで最大9%還元を達成することができるようになりました。

LINE Pay VISAカードではなく楽天カードをkyashに紐付けするのもあり

楽天経済圏に特化するために楽天ペイに楽天カードを登録していた方はkyashを楽天ペイに紐付けして、kyashの支払い用クレジットカードとして楽天カードを登録するのもありです。

  • 楽天ペイ:5%還元
  • kyash:1%還元
  • 楽天カード:1%還元
  • 合計:7%還元

kyashにLINE Pay VISAカードを連携させるよりも還元率は落ちますが、楽天ペイ×kyash×楽天カードの組み合わせでも7%還元になります。

楽天カードは1%還元なので普段使い可能なクレジットカードですからね!

楽天カードがあれば楽天市場のSPUは2倍が確定なので2%還元確定です。

SPU2倍にクレジットカードの決済分1%が上乗せされるので3%還元確定です。

楽天経済圏の利用頻度が高い方は楽天カードはぜったいに作っておいた方がお得ですね。

icon-caret-square-o-right 種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ

種類も豊富!楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判まで一括まとめ
ポイントの還元率や貯まりやすさにおいて、他のクレジットカードを上回るスペックを有している楽天カード。年会費が無料のクレジットカードを基本としているので、誰でも気軽に発行できるという強みもあります。そして、楽天が提供しているあらゆるサービスと組み合わせて利用することによっても、ポイントがザクザク貯まることでも知られています。今回はそんな楽天カードの年会費や審査基準・気になる評判などをもれなくまとめていきます。
icon-caret-square-o-right 【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法

【楽天経済圏攻略】楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で還元率最大化する方法
1億人を上回る会員数を誇る楽天市場の効果もあり、楽天ペイは数あるスマホ決済の中でもNo.1の利用率を誇ります。楽天市場の魅力はクレジットカード、銀行を楽天に統一してしまうことで楽天市場でのお買い物のポイント還元率がどんどん上がっていくことです。楽天ペイも支払い用のクレジットカードとして楽天カードを登録することで最大5%還元になります。今回は楽天ペイ×楽天カード×楽天銀行で、普段のお買い物だけでなく楽天経済圏を攻略する方法について紹介します。

 icon-caret-square-o-right 年会費永年無料の楽天カード

楽天ペイはkyashを紐付けして使うのがおすすめ

今回は楽天ペイにkyashとLINE Pay VISAを紐付けして利用することで最大9%還元になる方法を紹介しました。

増税前の改編で楽天ペイは楽天カード以外のクレジットカードを登録しても5%還元になったため、kyash経由でLINE Pay VISAカードを登録する技が使えるようになりました。

どこで利用しても9%還元なら消費税を気にする必要もなくなりますね。

ただし、消費税ポイント還元の5%還元店舗では楽天ペイ利用による還元はありません。

まちかどペイペイ対象店舗の場合はPayPayの方が還元率が高くなるので使い分けしたいですが、正直なところまちかどペイペイは対象店舗なのかどうかわかりにくいです。

どのスマホ決済を使えばよいか迷うくらいであれば楽天ペイを使っておけば間違い無いので覚えておいてください。

これで明日からも楽天ペイでお得にお買い物できますね!

icon-caret-square-o-right 【必見】2019年10月からのスマホ決済おすすめの使い分け講座はじめるよ!

【必見】2019年10月からのスマホ決済おすすめの使い分け講座はじめるよ!
2019年10月からの消費税増税と同時に消費税ポイント還元がはじまります。 これに先立ってスマホ決済は還元率の改悪変更の嵐でしたね。これまでの大規模還元キャンペーンなんてなんのその、一気に通常営業の還元率に戻ってしまいました。増税後の消費税ポイント還元でどのスマホ決済を使えばお得なのかを考えていきましょう。今回は2019年10月からのスマホ決済おすすめの使い分け講座をはじめますよ!
icon-caret-square-o-right これで決まり!スマホ決済におすすめのクレジットカード・銀行口座

これで決まり!スマホ決済におすすめのクレジットカード・銀行口座
スマホ決済は通常のお支払いでの還元以外にもキャンペーンによる還元もあるため、還元率の高いスマホ決済を使い分けてお得にお買い物したいというのが正直なところ。私としては、「還元率はそこそこでいいから、キャンペーンの対象漏れが少なくて支払い口座を1つにまとめてわかりやすく管理したい」というのが正直な感想。そこで今回はそれぞれのスマホ決済で「還元率が高くなるクレジットカード・銀行口座まとめ」、「支払いまとめにおすすめなクレジットカード・銀行口座」について紹介します。


コメント